亀井忠一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
亀井忠一

亀井 忠一(かめい ただかず、安政3年6月30日1856年7月31日) - 昭和11年(1936年1月30日)は、三省堂書店三省堂の創業者で三省堂編修所の代表者でもあった。もちろん、明治時代の代表的出版人でもあり、日本における近代的辞書の礎を築いた人物のひとり。

経歴[編集]

江戸で旗本中川家の五男として生まれ、旗本亀井家の養子となる。大政奉還後に一旦沼津に移り住むが明治6年(1873年)に東京に戻る。はじめ下駄商を営むが明治14年(1881年)、大火により店が焼けた後三省堂を創業した[1]

脚注[編集]

  1. ^ 百年企業のれえん三大記 株式会社三省堂書店 KANDAアーカイブ 2019年11月24日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]