乾杯条例

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

乾杯条例(かんぱいじょうれい)とは、日本の地方公共団体条例の一つで、宴会でその地方の特産の等、主に清酒乾杯することを勧め、それを市民、自治体、事業者それぞれが促進に努めることを旨として地方自治体で公布した条例の総称である。具体的な名称は自治体によって様々である。その地方の特産の酒等の消費拡大と文化の発展を目的とした条例である。

元々、日本酒離れに悩む日本酒造組合中央会が、2004年に「日本酒で乾杯推進会議」を発足させ、その活動の結果として条例が制定された。

2013年1月15日に京都市で「京都市清酒の普及の促進に関する条例」[1]が施行されたのが最初で、これが注目され全国に広がった。拘束力や罰則などはないが、関連する啓発イベントなどが開かれている。

京都の条例の制定後、関連性は定かではないが30年連続で減少を続けていた伏見の清酒の出荷量が増加に転じた[2]

この成功に触発され、各地で同様の条例が制定された。運動の経緯から、日本酒で乾杯という条例が多いが、地方によっては特産のワインや、焼酎、中には酪農の盛んなところでは牛乳で乾杯という条例[3]になっていることもある[4]

推進役の「日本酒で乾杯推進会議」によると124件制定されているという[5]

脚注[編集]

  1. ^ 京都市清酒の普及の促進に関する条例 - 京都市
  2. ^ 日本酒で「乾杯条例」、早くも効果! 京都の出荷量30年ぶりに増加 海外ブームも追い風 - 産経ニュース
  3. ^ 中標津町牛乳消費拡大応援条例(通称『牛乳で乾杯条例』) - 中標津町
  4. ^ 「乾杯条例」のブーム化 - nippon.com
  5. ^ 日本酒で乾杯会議レポート

外部リンク[編集]