乾徳 (輔公セキ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
本来の表記は「乾徳 (輔公)」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(JIS X 0212(補助漢字)に該当)が含まれています詳細

乾徳(てんめい)は、隋末唐初に宋政権を樹立して自立した輔公が使用した可能性を指摘される私年号。『廿二史考異』の中にその記録が存在しているが、輔公は挙兵後わずか8か月で鎮圧されているため実在しない、または別の元号とする説もある。

出典[編集]

廿二史考異
大宋乾徳四年。

参考文献[編集]

  • 『中国歴代年号考』李崇智(中華書局 2004年)

関連項目[編集]