九曲橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

九曲橋(きゅうきょくばし、中国語: 九曲桥英語: Nine-turn bridge or Zigzag bridge)は太鼓橋と共に中国庭園によくみられる人が通るで、上から見ると橋がギザギザに曲がっていて、歩く時に四方がよく見えるようになっているもの。多くはコンクリートでできていて、欄干がきれいに装飾されている。。曲がる角度は直角のこともあるし、他の角度もあり、また稀に曲線の場合もある[1]。特に宋代の庭園に顕著であるといわれる。

碧湖公園(台北市)の九曲橋
蓮池潭(高雄市)の九曲橋

九曲橋がある所[編集]

九曲橋は豫園や澄清湖にあることがよく知られているが、世界中の中国庭園にはほぼ全てで使われている。

ギャラリー[編集]

日本庭園のジグザグ橋[編集]

日本庭園でもジグザグ橋は時々見かけるが、多くは木製で最近の自然公園の木道のような実用的なもので、九曲橋のように装飾をほどこした石作りの手摺りがある恒久的のものは少ない。

関連項目[編集]

脚注[編集]