九字護身法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

九字護身法(くじごしんぼう)とは、「臨・兵・闘・者・皆・陣・烈・在・前」の九字の呪文と九種類の印によって除災戦勝等を祈る作法である。ただし本来は仏教(特に密教)で正当に伝えられる作法ではなく、道教の六甲秘呪という九字の作法が修験道等に混入し、その他の様々なものが混在した日本独自の作法である。

由来[編集]

六甲秘呪は『抱朴子』内篇第四「登渉篇」に晋の葛洪が「臨・兵・闘・者・皆・陣・烈・在・前」と唱えたとある。

日本での九字作法は、独股印を結んで口で「臨」と唱え、順次に大金剛輪印、外獅子印、内獅子印、外縛印、内縛印、智拳印、日輪印、宝瓶印(別称:隠形印)を結び、「臨・兵・闘・者・皆・陣・烈・在・前」を唱える。次に刀印を結んで四縦五横の格子状に線を空中に書く。

道教では縦横法と称し、修験道等では俗に「九字を切る」と称する。

修験道では九種類の印にそれぞれ、毘沙門天十一面観音如意輪観音不動明王愛染明王聖観音阿弥陀如来弥勒菩薩文殊菩薩を本地仏に配当する説がある。ただし不動明王の印である独股印が毘沙門天、金剛界大日如来である智拳印が阿弥陀如来など、印の形と本地仏とは関連性のない配当がされており根拠は不明である。また外獅子印、内獅子印の二つはインド撰述の密教経典には見られない、日本独自の印である。

そのほかに天照皇大神八幡大菩薩・春日大明神・加茂大明神・稲荷大明神住吉大明神・丹生大明神・日天子摩利支天を配当する説もある。

九字は中世には護身、戦勝の利益があるとして、武人が出陣の際の祝言に用いるようにもなり、やがて忍者の保身の呪術としても使われた。

また日蓮系統の法華行者では、日栄の『修験故事便覧』による法華経序品の「令百由旬内無諸衰患」を九字とする説に基づいて、格子状の九字を切る作法が相承される。

九字(『九字護身法』 博文堂庄左衛門 1881年2月)

Kuji-kiri01.png

参考文献[編集]

  • 『密教大辞典』(宝蔵館)
  • 『密教辞典』(宝蔵館)
  • 『岩波仏教辞典』(岩波書店)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]