乙川弘文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
乙川 弘文

乙川 弘文(おとがわ こうぶん、旧姓:知野(ちの)、1938年 - 2002年)は、新潟県加茂市出身のアメリカ合衆国カリフォルニア州で活動した曹洞宗僧侶。アップル社のスティーブ・ジョブズとの交流でも知られた[1][2]

略歴[編集]

新潟県加茂市の曹洞宗の寺に生まれる。駒澤大学を経て、1964年京都大学大学院で修士号大乗仏教)を取得した[3]

福井県の永平寺で3年に及ぶ修行を積み、1967年、僧侶・鈴木俊隆の招きでアメリカ合衆国に渡った。タサハラ禅マウンテンセンターにて、1970年まで補佐を務め、1971年に鈴木が死去した後には、ロスアルトスセンターにて、1978年まで活動、1979年にはロスガトスの慈光寺に転任した。

1986年にはスティーブ・ジョブズNeXT社の宗教指導者に任命され[2]、1991年にはスティーブ・ジョブズとローレン・パウエルの結婚式を司った[2]

その後も各地にて活動していたが、2002年7月26日、スイスにおいて、5歳の次女を助けようとして溺死した[4]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 曹洞宗>「故スティーブ・ジョブズ氏と故知野(乙川)弘文老師の交流について」
  2. ^ a b c “ジョブズ氏の革新に影響を与えた思想とは―― 日本の禅僧と長年の交流”. CNN. (2011年10月7日). https://web.archive.org/web/20111007161538/http://www.cnn.co.jp/fringe/30004202.html 
  3. ^ 京都大学大学院文学研究科図書館「昭和38年度(昭和39年修了) 修士論文題目」
  4. ^ スティーブ・ジョブズと禅の世界