乙川弘文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
OTOGAWA Kōbun
乙川 弘文
Kobun Chino Otagowa.jpg
生誕1938年2月1日[1]
死没2002年7月26日(64歳没)
国籍日本の旗 日本
出身校駒澤大学
京都大学大学院
職業僧侶

乙川 弘文(おとがわ こうぶん、英語: Kōbun Chino Otogawa1938年2月1日 - 2002年7月26日)は、日本の禅僧曹洞宗)。旧姓:知野(ちの)。新潟県加茂市出身。

アメリカ合衆国カリフォルニア州で活動し、Apple社のスティーブ・ジョブズとの交流でも知られた[2][3]

来歴[編集]

新潟県加茂市の曹洞宗定光寺」の三男として生まれる。1951年に得度[4]1960年駒澤大学仏教学部卒業。1964年京都大学大学院文学研究科[5]で修士号(大乗仏教)を取得した[6]

福井県永平寺で3年に及ぶ修行を積み、1967年、僧侶・鈴木俊隆の招きでアメリカ合衆国に渡った。タサハラ禅マウンテンセンターにて、1970年まで補佐を務め、1971年に鈴木が死去した後には、ロスアルトスセンターにて、1978年まで活動。1979年にはロスガトスの慈光寺に転任した。LSDマリファナの使用など不法行為に耽っていたこと、幼い娘を自らの秘書に誘ったこと、貧困に陥った際に助けると言いながらも一切助けてくれなかったことなどでスティーブ・ジョブズの元恋人から批判されている[7]

1986年にはスティーブ・ジョブズNeXT社の宗教指導者に任命され[3]、1991年にはスティーブ・ジョブズとローレン・パウエルの結婚式を司った[3][8][9]

その後も各地にて活動していたが、2002年7月26日、スイスにおいて、5歳の次女を助けようとして溺死した[10]


関連作品[編集]

書籍

脚注[編集]

  1. ^ web.stanford.edu. “「スティーブ・ジョブズが愛した禅僧、乙川弘文評伝」柳田由紀子”. 2022年7月1日閲覧。
  2. ^ 曹洞宗>「故スティーブ・ジョブズ氏と故知野(乙川)弘文老師の交流について」[リンク切れ]
  3. ^ a b c “ジョブズ氏の革新に影響を与えた思想とは―― 日本の禅僧と長年の交流”. CNN. (2011年10月7日). オリジナルの2011年10月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111007161538/http://www.cnn.co.jp/fringe/30004202.html 
  4. ^ 集英社インターナショナル. “柳田由紀子著『宿無し弘文 スティーブ・ジョブズの禅僧』”. 2022年7月1日閲覧。
  5. ^ スティーブ・ジョブズが愛した禅僧、乙川弘文評伝⑤ yukikoyanagida.com
  6. ^ 京都大学大学院文学研究科図書館「昭和38年度(昭和39年修了) 修士論文題目」
  7. ^ appletechlab. “乙川弘文という僧侶は何者なのか?”. Apple/Macテクノロジー研究所. 2019年1月25日閲覧。
  8. ^ bunshun.jp. “「傲慢男S・ジョブズを変えた「7つの禅の ...」2020.5.31”. 2022年7月1日閲覧。
  9. ^ ビジネス日経. “「アップルもナイキも、日本企業がお手本だった」2021.12.20”. 2022年7月1日閲覧。
  10. ^ スティーブ・ジョブズと禅の世界
  11. ^ 紀伊國屋書店. “柳田由紀子著『宿無し弘文 スティーブ・ジョブズの禅僧』”. 2022年7月1日閲覧。
  12. ^ wired.jp. “「ジョブズの師、乙川弘文は「利他」の現代的意義を再定義する:中島岳志 × 柳田由紀子 対談」2020.8.16”. 2022年7月1日閲覧。
  13. ^ プレジデント. “「ジョブズが愛した日本人禅僧の謎の生涯を追う」2020.8.10”. 2022年7月1日閲覧。

外部リンク[編集]