乙女の碑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
乙女の碑
座標 北緯35度35分54.4秒 東経137度18分55秒 / 北緯35.598444度 東経137.31528度 / 35.598444; 137.31528 (佐久良太神社)座標: 北緯35度35分54.4秒 東経137度18分55秒 / 北緯35.598444度 東経137.31528度 / 35.598444; 137.31528 (佐久良太神社)
所在地 〒509-1431
岐阜県加茂郡白川町黒川7568番地
佐久良太神社境内
種類 慰霊碑
完成 1982年

乙女の碑(おとめのひ)は、岐阜県白川町佐久良太神社境内にある満州国における黒川開拓団の慰霊碑の一つ。1982年に建立された。当初乙女に関する説明文は無く、戦後70年以上詳細は秘密にされていたが、2013年ごろから当時ソ連兵からの性暴力を受けていた女性たちが性接待に関して証言し、碑の事実が明るみに出た[1]2018年(平成30年)には説明文が追加された[2]

黒川開拓団[編集]

満蒙開拓団として旧黒川村(現在の白川町)の29人の住民は1941年(昭和16年)4月吉林省陶頼昭に入植した。その翌年4月から毎年3回入植が行われ、129世帯以上600人以上が入植した[3]陶頼昭駅にほど近い場所に本部を置いた[3]

開拓団の引揚[編集]

1945年(昭和20年)8月15日の太平洋戦争敗戦と共に暴徒化した中国人が押し寄せており、中国人やソ連兵からの虐殺略奪強姦の危険が迫っていた[3]。黒川開拓団に隣接していた来民開拓団熊本県)と高田開拓団(広島県)は、襲撃に耐えかねて既に集団自決し全滅していた。黒川開拓団でも服毒する自決の選択に迫られていた[4]

ここで団の幹部は、駅に駐留していたザバイカル軍第36軍のソ連兵に開拓団を守ってもらうという奇策を用い、生きて日本に帰還することを選んだ。その際に代償として、12~15名の未婚女性がソ連軍の性接待係として差し出された(証言を参照)[3]。女性らに拒否権はなく、団幹部に強制された性暴力であったと評価されている[4]。ソ連侵攻後、ソ連兵からの強姦などは各地で行われていたが、性接待のために女性を差し出す事例は極めてまれであった。把握されているだけでも満州では48開拓団が集団自決しているが、団員数650名中450名が日本に帰還しており、驚くべき生還率であった[4]

接待所に設けられたベニヤ板張りの部屋に毎日数名の女性が呼ばれ、女性1人当たり4人の将校を相手に性交させられていた[1]。部屋の外には医務室が置かれ、洗浄係(接待を受けた女性の妹など)が軍隊のうがい薬をホースで性器から子宮に入れて性病を防いでいた[1]。また、女性たちのために風呂を用意していた[1]。しかし、当然避妊せず毎日複数人から強姦されていたため性病発疹チフスで4名が現地で死亡している、ほか帰国後長期入院を余儀なくされた女性もいた[1]

接待所は開拓団内と吉林省の陶頼昭駅の2か所にあり、接待は約9か月間続いた[4]博多港に引き上げた後、満州で強姦された女性が多く診察を受けた二日市保養所などで、中絶などの処置を受けた女性もいるとされている[4]

碑の建立[編集]

1982年に遺族会は佐久良太神社内に碑を建立したが、『性接待』のことには触れず、乙女の碑の内容は伏せられていた[4]。記念誌には下書き段階で性接待の内容を記していたが、最終的にその真実は除去され、「女性たちも頑張ってくれた」程度に留められていた。なお乙女の碑そのものに対し、否定的なコメントを残した被害女性もおり、必ずしも全員の意思によって建立されたものではなかった[5]

2012年に黒川開拓団遺族会の会長となった男性(父はソ連兵に女性を案内する役割であった)は、初めて『性接待』の事実を知り、タブーとなっていた事実を碑文に残すために尽力した[1]。遺族会が被害女性らの理解を得て、2018年11月18日に新たな碑文が完成し、除幕式が行われた[2]

証言[編集]

戦後70年近く『性接待』の事実は秘密にされていたが、2013年に初めて接待を強いられた女性(当時89歳)が証言し公になった[1]。戦後70年が経ち、被害女性も80代や90代になっており、最初に証言した女性も2年後に死去した[1]。その後、他の被害女性たちも体験を証言するようになった。

何も知らされないまま接待所に連れていかれた当時17歳女性は、接待と聞いて、酒宴などの接待だと思っていた。しかし部屋には布団が並べられており、女性たちは全裸になり並んで寝かされ強姦された。の先端で女性を動かし、銃を背負ったまま強姦されたと証言した。17歳や18歳の少女は「お母さんお母さん」と泣くだけで手をつなぎながら耐えていたと証言した。一時期は中国兵を相手にすることもあった[6]

戦後身内の団員の男性たちから受けた中傷にも女性たちは苦しめられた。接待に出てくれと頼んだ男性から「いいことしたでいいじゃないか」「(性交したところで)減るもんじゃない」と中傷されたと証言している[1][3]。遺族会の間でも性接待に関する話題は避けられていたが、事実を知る男性団員などから、団員を守ったはずの女性たちが帰国後噂を立てられ中傷を受けるなどし、女性たちは事実を隠し口を固く閉ざすようになっていった[3]。中傷を受けた女性のうちの一人は村を離れ結婚し、荒野だったひるがの高原の開拓を手伝うこととなった[1][4]

被害者の一人が満蒙開拓平和記念館で証言するなどし、徐々に事実が知られるようになり、報道番組でも2017年にはNHKの「満蒙開拓団の女たち」(第54回シカゴ国際テレビ賞)、山口放送「記憶の澱」(第13回日本放送文化大賞 テレビ・グランプリ作品)などが作成され、全国に知られることとなった[4]。2018年8月15日には朝日新聞が証言を報じた[6]

長期にわたって証言しなかった被害者らが、2010年代になって証言を公にし出したのは、1990年代から慰安婦問題により性被害の証言がしやすくなったこと、自らの死を意識し始めたため教訓としておきたいと考えたことが一因である、とする説が公表されている[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j ソ連兵に性接待、帰国後はいわれなき差別…満蒙開拓団の女性たちが語り始めた悲劇”. AbemaTIMES. AbemaTV (2019年3月13日). 2019年7月7日閲覧。
  2. ^ a b ソ連兵「性接待」被害を刻む 旧満州黒川開拓団 岐阜・白川町「乙女の碑」」『東京新聞』、2018年11月19日。2019年7月7日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 平井美帆 (2017年8月23日). “ソ連兵の「性接待」を命じられた乙女たちの、70年後の告白 - 満州・黒川開拓団「乙女の碑」は訴える”. 現代ビジネス. 講談社. 2019年7月7日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i 松田澄子「満洲へ渡った女性たちの役割と性暴力被害」『山形県立米沢女子短期大学附属生活文化研究所報告』第45巻、山形県立米沢女子短期大学附属生活文化研究所、2018年3月15日、 21-36頁。
  5. ^ あの地獄を忘れられない…満州で「性接待」を命じられた女たちの嘆き -~開拓団「乙女の碑」は訴える【後編】”. 現代ビジネス. 講談社 (2017年8月24日). 2019年7月7日閲覧。
  6. ^ a b 開拓団の「性接待」告白 「なかったことにできない」”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2018年8月15日). 2019年7月7日閲覧。

関連項目[編集]