乙女が奏でる恋のアリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
乙女が奏でる恋のアリア
対応機種 Microsoft Windows Vista/7/8/8.1
開発元 ensemble
発売元 ウィルプラス
キャラクターデザイン

シナリオ

  • 水瀬拓未
  • 甲二
  • 有巻洋太
  • 木村ころや
音楽 ミリオンバンブー
オープニングテーマ 「Aria」(Duca
エンディングテーマ 「キミとメロディ」(Duca)
ジャンル 女装して歌姫になってバレないように女学園に通うADV
発売日 2014年11月28日
レイティング 18禁
キャラクター名設定 不可
メディア DVD-ROM:1枚
画面サイズ 1280×720
BGMフォーマット DirectSound対応のPCM音源
キャラクターボイス 全員(モブ以外)
CGモード あり
音楽モード あり
回想モード あり
メッセージスキップ 全文/既読
オートモード あり
備考 商品同梱特典:DL用シリアルコード(サブキャラ2人攻略パッチ&主人公パッチ2)
テンプレートを表示
乙女が奏でる恋のアリア 〜君に捧げるアンコール〜
対応機種 Microsoft Windows Vista/7/8/8.1
開発元 ensemble
発売元 ウィルプラス
キャラクターデザイン

シナリオ

  • 水瀬拓未
  • 甲二
音楽 ミリオンバンブー
オープニングテーマ 「想いのハーモニー」(Duca
エンディングテーマ 「恋のAria」(Duca)
ジャンル 女装歌姫とお嬢様がもう一度恋を奏でるADV
発売日 2015年6月26日
レイティング 18禁
キャラクター名設定 不可
メディア DVD-ROM:1枚
画面サイズ 1280×720
BGMフォーマット DirectSound対応のPCM音源
キャラクターボイス 全員(モブ以外)
CGモード あり
音楽モード あり
回想モード あり
メッセージスキップ 全文/既読
オートモード あり
備考 商品同梱特典:サウンドトラック「カーテンコールディスク」、DL用シリアルコード(追加シナリオ2本セット)
テンプレートを表示
映像外部リンク
『乙女が奏でる恋のアリア』体験版冒頭動画 - YouTube
『乙女が奏でる恋のアリア 〜君に捧げるアンコール〜』体験版冒頭動画 - YouTube

乙女が奏でる恋のアリア』(おとめがかなでるこいのアリア)は2014年11月28日株式会社ウィルプラスの男性向けブランドであるensemble(アンサンブル)から発売された18禁美少女アドベンチャーゲーム[1][2]2015年6月26日に続編『乙女が奏でる恋のアリア 〜君に捧げるアンコール〜』が発売された[3][4]

あらすじ[編集]

和泉司は全日本コンクールの声楽部門で入賞を果たした将来有望なソプラニスタ。周囲の勧めもあり、ソプラニスタとしてより高度な技術を学ぶためヨーロッパへ留学していたが、長期休暇を機に実家に帰省する。ところが、家族との連絡が不十分であったため、自宅がリフォーム工事中であることを知らず、住む場所を失い途方に暮れてしまう。

ネットカフェに寝泊まりし、公園の一角で自慢の歌声を披露するなどして雨露を凌いでいたところ、深皇学園学園長代理の妹である西條綾香から、近々深皇学園の一大行事として開催される深皇祭の「歌姫救出譚」に「歌姫」として出場してほしいと頼まれる。

綾香とその姉、学園長代理の西條法子の説得に折れた司は、お嬢様学園・深皇学園の制服に身を包み、塚原いずみと名前を変えて女装学園生活を送ることになる。

歌姫救出譚[編集]

深皇学園はそもそもヨーロッパのアリアンロッド女学院を基に設立された経緯がある。アリアンロッド女学院には次のような歌姫伝承が残っている。

「深き森に囚われた姫は、歌によって騎士を導き、騎士は剣によって姫を救った」

深皇学園の学園祭「深皇祭」のメインイベントの名は「歌姫救出譚(プリンチペッサ・プレギエーラ)」。伝承をモチーフに考案された、歌姫(ディーバ)を助ける競技である。正式名称は覚えづらいため、基本的にはアリアの通称で呼ばれている。

アリアには二人の歌姫と、歌姫を守護する各三名の騎士(ワルキュリア)が参加する。歌姫には三つの鍵からなる錠がつけられ、各騎士は同チームの歌姫に対応した鍵を一つずつ持つ。歌姫の歌を頼りに、深皇の森に散ったメンバーが合流し、歌姫の錠を先に全て解除し救出したチームの勝ちとなる。鍵はチーム内での受け渡しが可能であり、味方と合流した場合は歌姫の救出役と相手チームの妨害役に分かれるのがセオリーとされている。

騎士は剣や槍、弓を用いて相手チームと戦うが、武器や防具には安全機構が標準装備されているため負傷の危険性はない。騎士との戦いで自身の武器が手から離れる、あるいは鎧に一定の衝撃を受けて外れるとリタイアとなり、鍵を持っている場合は相手に渡さなければならない。頭部への攻撃は禁止であり、故意でなくとも反則となる。また、歌姫に攻撃を当ててしまった場合も同様である。他、木に登ったり物理的な罠を仕掛けることも安全性の面から禁止されている。

アリアの実施には二人の歌姫が必要不可欠であるが、今回、深皇祭の直前に歌姫候補の西條希実(法子、綾香の妹)が理由を告げず出場を辞退し、開催が危ぶまれる事態に直面してしまう。姉として責任を痛感した綾香が、希実の代役を探して奔走していたところ、司と巡り会ったことで物語が始まった。

なお、アリアで最も活躍したと認められた最優秀騎士(ブリランテ)には副賞として願い事を一つ叶えてもらう権利が与えられる。

登場人物[編集]

主人公[編集]

塚原 いずみ (つかはら いずみ) / 本名:和泉 司 (いずみ つかさ)
 : 月野きいろ
歌姫。本作の主人公。初対面の綾香に女性と間違われるほど可憐な容姿だが、剣や鎧に心躍らせるなど、内面はむしろ男らしい。全日本コンクールで入賞を果たし、ソプラニスタとして声楽を学ぶためヨーロッパに留学していた。さる音楽雑誌には留学前の司のインタビュー記事が掲載されている。
女装時の偽名は呼ばれた際に反応できるように、本名に近い響きでと考えて本人が命名。女装はウィッグと服装のみの最低限なものにとどめている。剣の扱いには意外と才能があるらしく、楓や佳も認めている。

メインヒロイン[編集]

西條 綾香 (さいじょう あやか)
声 : 円志乃
騎士候補生。深皇学園の2年生。学園を代表する優等生で、学年次席。正統派片手剣の名手。いずみの事情を知るフォロー役である。
困っている人を放っておけない優しい人物だが、何かに集中すると視野が狭くなりがちである。いずみを学生寮のルームメイトとして引き受けた際、異性と相部屋になることにいずみから指摘されるまで気づかなかった。しっかり者であり、妹がいるためか面倒見もいいが、前述のように抜けている部分もある。希実曰く「お姉ちゃんではあるけど姉さんではない」とのこと。いずみ(司)に話を聞いてもらう際に誘ったのが一つ星のレストランであるなど、家はそれなりに裕福であることがうかがえる。
天承院 千影 (てんしょういん ちかげ)
声 : 有栖川みや美
騎士候補生。深皇学園の2年生で、名家の令嬢。成績は学年主席。双剣を自在に操り、今回のアリアでは最強と目されている。
学園生の人気を綾香と二分しているが、活発な綾香とは対照的に落ち着きがあり、他人とはやや距離を置いて接する。文武両道に優れているが、堅物であり、ある理由から最優秀騎士に選ばれた暁には不純「同性」交遊を禁ずる学則を導入すると明言している。
二ノ宮 美琴 (にのみや みこと)
声 : 橘まお
騎士候補生。深皇学園の2年生で、綾香の親友かつクラスメイト。幼馴染でもあり、法子や希実とも旧知の仲。槍の使い手。
気配りが上手く、手先が器用。家庭的で女子力は極めて高く、空いた時間でよく寮の食事準備を手伝っている。寮では綾香といずみの隣室。お化けなどのホラーや怪談が苦手。綾香のことは熟知しており、よくフォローをしている。
雪代 ことり (ゆきしろ ことり)
声 : 桐谷華
騎士候補生。深皇学園の1年生で、夕陽とは幼なじみ。いずみ達と同様、学生寮で暮らしている。
アーチェリーの腕前は学内でもトップクラスなのだが、緊張やプレッシャーに弱く、その実力を発揮しきれないことも多い。やや引っ込み思案なところがあるが、一方で自分の好きなことになるとお喋りになったりもする。小さな頃の一人称は「ことり」で、ショックなことがあったりすると今でも昔の一人称に戻ってしまう。
輝堂 楓 (きどう かえで)
声 : 剣吉明日香
騎士候補生。深皇学園の2年生で、輝堂流抜刀術道場の娘。
以前在学中に海外留学に挑戦したものの、失敗して戻ってきた。そのため学年はいずみ達と同じだが、年齢は一つ上である。同級生だった佳と仲が良い。子猫などの動物が大好きだが、自分のイメージに合わないと考えており、周囲には隠している。
実家の道場は古くから続いており、その影響か楓自身も日本人然としている。食事も基本的に和食を好み、洋食はあまり口にしない。アリアには和風の甲冑に日本刀と、騎士というよりは武士のような見た目で参戦する。

サブヒロイン[編集]

西條 希実 (さいじょう のぞみ)
声 : 羽鳥いち
歌姫(辞退)。深皇学園の1年生で、綾香と法子の妹。声楽を正式に学んでいる。
今年度の歌姫を務める予定だったが、アリアの直前で理由を明かさず、名誉ある大役を辞退したことから物語が始まってしまう。歌姫を辞退した理由は「歌姫じゃなく、恋人として傍にいたいの……」パッチで明らかになる。しっかり者であり、美琴と共に綾香のフォローをすることもあるが、一方で末っ子らしく甘えたがりな一面も持つ。
城ヶ崎 奏 (じょうがさき かなで)
声 : 鈴谷まや
もう一人の歌姫。深皇学園の2年生。歌唱技術は独学だが、1年次から連続で歌姫を務めており、その実力は折り紙つき。
ふんわりした外見に違わぬおっとりとした性格の持ち主。実家は洋菓子店であり、自身もお菓子作りが得意。その影響か、感想をお菓子に例えるなどの独特な個性を持つ。千影とはクラスメイトであり、昨年度のアリアでチームを組んで以来仲が良く、いつも一緒にいる。
「歌姫じゃなく、恋人として傍にいたいの……」パッチで攻略対象となる。

サブキャラクター[編集]

映像外部リンク
『ことりと夕陽のハーレムルート』プレイムービー - YouTube
如月 夕陽 (きさらぎ ゆうひ)
声 : 上原あおい
騎士候補生。深皇学園の1年生。成績は学年主席で、運動神経も優秀。アーチェリーの腕前は1年生ながら学内トップクラス。
明るく元気な性格のムードメーカーで、人懐っこく、好奇心が強くて積極性もあるが、周りを気遣うことを忘れない。
ことりとは家が隣同士で生まれた日が近く、生まれた病院まで一緒の幼馴染で、姉妹のような間柄。お互いに「ことりん」「夕ちゃん」と呼び合っている。寮でも同室であり、髪飾りも子供の頃に買ったお揃いのものをつけている。
『乙女が奏でる恋のアリア 〜君に捧げるアンコール〜』発売に伴い配布された「ことりと夕陽のハーレムルート」で攻略できる。
久遠 佳 (くおん けい)
声 : かわしまりの
元・騎士候補生。深皇学園の3年生で、資産家の令嬢。昨年度の深皇祭では1対2の不利な状況で勝利するなどの活躍を見せて最優秀騎士に選ばれたが、副賞の権利は行使せず保留にしている。
楓とは親友にして修業仲間。両者の対戦成績はほぼ互角だが、それはあくまで楓の修業相手に徹して勝敗を調節しているため。日本人離れした容姿故に人気は高いが、性格はかなり個性的で、楓からは度々たしなめられている。
発売後の人気投票で1位に輝き、『君に捧げるアンコール』では専用の攻略ルートが用意された。
西條 法子 (さいじょう ほうこ)
声 : あじ秋刀魚
深皇学園の学生寮の寮母で、綾香と希実の年の離れた姉。二人からは「(法子)姉さん」と呼ばれている。深皇学園のOGでもあり、現在は寮母に加え、学園長である母に代わって学園長代理の仕事を兼務している。
いずみ(司)が最初に公園で歌った際にその歌を聴き、その話を聞いた綾香がいずみへの接触を試みるなど、いずみが深皇学園へ招かれる切っ掛けとなった人物。いずみが寮の入浴時間後に特別に入れるように計らうなど、綾香とは別の方面から彼のフォローを行う。

スタッフ[編集]

  • キャラクターデザイン : kyou、蜜キング、天之有、zinnoきみしま青
  • シナリオ : 水瀬拓未、甲二、有巻洋太、木村ころや
  • 音楽 : ミリオンバンブー

主題歌[編集]

映像外部リンク
『乙女が奏でる恋のアリア』OPムービー - YouTube
『乙女が奏でる恋のアリア 〜君に捧げるアンコール〜』オープニングムービー - YouTube
オープニングテーマ「Aria」
作詞:Duca、作曲:ANZIE、編曲:ANZIE、歌:Duca
エンディングテーマ「キミとメロディ」
作詞:Duca、作曲:Nekusam、編曲:Nekusam、歌:Duca
FDオープニングテーマ「想いのハーモニー」
作詞:Duca、作曲:Nekusam、編曲:Nekusam、歌:Duca
FDエンディングテーマ「恋のAria」
作詞:Duca、作曲:戸田章世、編曲:戸田章世、歌:Duca

挿入歌[編集]

映像外部リンク
『乙女が奏でる恋のアリア』塚原いずみ歌唱イメージ - YouTube
塚原 いずみ「Wonderland is yours」(おとぎの国はあなたのもの)
作詞:秋元凛、作曲:ロドリゲスのぶ、歌:カーリ・サッチャー
城ヶ崎 奏「Angel Song」
作詞:秋元凛、作曲:ロドリゲスのぶ、歌:まどか鈴
西條 希実「Your Life」
作詞:秋元凛、作曲:Dahna、歌:山本美禰子

サウンドトラック[編集]

乙女が奏でる恋のアリア 〜君に捧げるアンコール〜 サウンドトラック『カーテンコールディスク』
『乙女が奏でる恋のアリア 〜君に捧げるアンコール〜』の初回版特典「乙女が奏でる恋のアリア 〜君に捧げるアンコール〜 サウンドトラック『カーテンコールディスク』」には、本編・FDの主題歌4曲、挿入歌3曲とゲーム内で使用された全BGMの合計25曲が収録されている。

女装主人公ミニゲーム[編集]

映像外部リンク
ensemble女装主人公集合ミニシナリオ2ちょこっと試聴ムービー - YouTube

ensemble乙女シリーズの歴代女装主人公が集結するミニゲームの第2弾「乙女シリーズ主人公ぱっち2」が、発売日から2015年1月23日までの期間限定で配信されていた[5]

あらすじ[編集]

前回ミニゲームで知り合った晶子、瑞希、葵の三人が、親睦を深めるため一緒に街へ繰り出した。 ほどなくして一行は、いずみがナンパされている場面に遭遇する。

登場人物[編集]

月丘 晶子 (つきおか あきこ) / 本名:月丘 彰 (つきおか あきら)
声 : まきいづみ
シリーズ第1作『花と乙女に祝福を』の主人公。
深山 瑞希 (みやま みずき) / 本名:瑞木 信 (みずき しん)
声 : 桐谷華
シリーズ第2作『乙女が紡ぐ恋のキャンバス』の主人公。
真原 葵 (まはら あおい) / 本名:同じ
声 : 歩河みぃな
シリーズ第3作『桜舞う乙女のロンド』の主人公。
塚原 いずみ (つかはら いずみ) / 本名:和泉 司 (いずみ つかさ)
声 : 月野きいろ
本作(シリーズ第4作)主人公。

関連商品[編集]

ゲームソフト[編集]

  • 『乙女達の恋物語 ――ずっと一緒に……ね?――』(2017年、セット商品)[6]
  • 『乙女が奏でる恋のアリア』(「歌姫じゃなく、恋人として傍にいたいの……」パッチ適用済み)
  • 『乙女が奏でる恋のアリア 〜君に捧げるアンコール〜』(「美琴の私も召しませ」パッチ、「ことりと夕陽のハーレム」パッチ適用済み[注釈 1]
  • 『ensemble 10周年記念 乙女シリーズ13本セット』(2019年、セット商品)
  • 『乙女が奏でる恋のアリア』(パッチ適用済み)
  • 『乙女が奏でる恋のアリア 〜君に捧げるアンコール〜』(パッチ適用済み)

グッズ[編集]

  • 本編サウンドトラック『乙女が歌う恋のアリア』(2014年、コミックマーケット87[7]
  • 『天承院 千影』抱き枕カバー(2014年、コミックマーケット87、添い寝CD( : 有栖川みや美)付き)[7]
  • 『城ヶ崎 奏』抱き枕カバー(2015年、添い寝ボイスドラマ(声 : 鈴谷まや)付き)[8]
  • 『二ノ宮 美琴』抱き枕カバー(2015年、添い寝ボイスドラマ(声 : 橘まお)付き)[9]
  • 『雪代 ことり』抱き枕カバー(2015年、添い寝ボイスドラマ(声 : 桐谷華)付き)[9]
  • ensemble10周年記念A1タペストリー(2019年)
  • 乙女が奏でる恋のアリア A1タペストリー
  • 乙女が奏でる恋のアリア 〜君に捧げるアンコール〜 A1タペストリー ※本編タペストリーとのセット販売のみ

コラボレーション[編集]

本編および同梱の「オールスターディスク 01」にいずみ、奏、佳がコラボ出演している。
期間限定配信パッチ『「乙女」シリーズ主人公パッチ3』にもいずみが登場する。
想いを捧げる乙女のメロディー』の舞台となるリーリエ女学園をいずみ、希実、法子が訪れ、ピアニストの雨桜みさき(『想いを捧げる乙女のメロディー』の主人公)らと共演する場面がある。
期間限定配信パッチ『「乙女」シリーズ 女装主人公ミニゲーム New Stage』にいずみが登場。さらに、同作品ヒロインの四條蘭が希実のことを心配した発言をする。
乙女シリーズ歴代主人公が登場する作品。いずみが登場する。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ パッチとして適用されており、「美琴の私も召しませルート」や「ことりと夕陽のハーレムルート」のように別個のアプリケーションとして起動されるのではなく、『君に捧げるアンコール』のタイトル画面から選択・プレイできるようになっている。

出典[編集]

(18歳未満閲覧禁止のサイトを含みます)

  1. ^ 乙女が奏でる恋のアリア公式サイト
  2. ^ “TOP NEWS「乙女が奏でる恋のアリア」”. PUSH!! (マックス). (2014年10月号). 
  3. ^ 乙女が奏でる恋のアリア 〜君に捧げるアンコール〜公式サイト
  4. ^ “TopNews「乙女が奏でる恋のアリア 〜君に捧げるアンコール〜」”. PUSH!! (マックス). (2015年5月号). 
  5. ^ 期間限定ダブルパッチキャンペーン”. 乙女が奏でる恋のアリア. ensemble. 2019年9月26日閲覧。
  6. ^ ensembleパック 乙女達の恋物語 〜ずっと一緒に……ね?〜”. ensemble. 2019年9月26日閲覧。
  7. ^ a b Willplusコラム第191回 コミックマーケット87ごった煮ブース出展! ensemble、PULLTOP、PULLTOP LATTE グッズが登場”. げっちゅブログ. げっちゅ屋 (2014年12月12日). 2019年9月26日閲覧。
  8. ^ 城ヶ崎 奏 抱き枕カバー”. 乙女が奏でる恋のアリア. ensemble. 2019年9月26日閲覧。
  9. ^ a b 美琴 & ことり 抱き枕カバー”. 乙女が奏でる恋のアリア. ensemble. 2019年9月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]