久麻久駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

久麻久駅(くまくえき)は、かつて愛知県西尾市熊味町にあった、名古屋鉄道(旧)西尾線

西尾線のうち、西三軌道が開業した区間(岡崎新 - 西尾 - 港前)に存在した駅である。

駅名の久麻久は、旧・久麻久村[1]、及び近くの久麻久神社に由来する。

歴史[編集]

その他[編集]

  • 駅跡は、西尾市民病院付近であり、痕跡はない。
  • 西尾口駅からは北東へ約1km離れた位置であった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1906年5月1日に西尾町に編入。
  2. ^ 碧海電気鉄道(1944年に名古屋鉄道に合併)西尾駅と接続のため移転。

関連項目[編集]