久野光朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

久野 光朗(くの みつろう、1931年(昭和6年)9月3日[1] ‐ )は、日本会計学者小樽商科大学名誉教授、元北海道情報大学学長。元日本会計史学会会長。片野一郎ゼミ出身[2]。専門は会計学で、特に、アメリカ会計史や歴史哲学を研究。日本会計研究学会賞等受賞。

略歴[編集]

受賞歴[編集]

  • 日本会計研究学会賞(1973年(昭和48年))
  • 日本会計史学会賞(1987年(昭和62年))
  • 小樽市功労者表彰(2002年(平成14年))

著書[編集]

  • 『アメリカ簿記史 ― アメリカ会計史序説』同文館出版 1985年
  • 『会計歳時記』 同文館出版 1993年
  • 『アメリカ会計史序説 ― 簿記から会計への進化』同文館出版 2009年

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.313
  2. ^ [1]
  3. ^ 「旧役員一覧」日本会計史学会

参考文献[編集]

先代:
大野公男
北海道情報大学学長
第4代: 2002年 ‐ 2005年
次代:
井野智
先代:
辻厚生
日本会計史学会会長
第4代: 1993年 ‐ 1995年
次代:
津守常弘