久里駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
久里駅
くり
Kuri
(2.2km)
(1.7km) 山本
所在地 佐賀県唐津市久里
所属事業者 日本国有鉄道
所属路線 筑肥線
キロ程 8.7km(虹ノ松原起点)
電報略号 クリ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1930年(昭和5年)3月1日
廃止年月日 1983年(昭和58年)3月22日
備考 無人駅
テンプレートを表示

久里駅(くりえき)は、かつて佐賀県唐津市にあった日本国有鉄道(国鉄)筑肥線廃駅)である。

1983年(昭和58年)3月22日に、筑肥線と福岡市交通局(福岡市地下鉄)1号線(現・空港線)の直通運転が開始されたのに伴い、唐津市においては虹ノ松原駅 - (新)東唐津駅 - 唐津駅間に新線が開業して、虹ノ松原駅 - (旧)東唐津駅 - 山本駅間の旧線が廃線となったため、その廃線区間にあった当駅も廃駅となった。

なお、現在は駅の跡地に上久里公民館が建っている。

歴史[編集]

駅構造[編集]

片面ホームが線路に面して置かれているだけの駅で、廃止時には駅舎の白塗料がはがれかかっている状態になっており、駅名標も風化してボロボロになり、文字が見えなくなっていた。

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
筑肥線
鏡駅 - 久里駅 - 山本駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「日本国有鉄道公示第89号」『官報』1950年5月8日(国立国会図書館デジタルコレクション)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]