久芳徹夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

久芳 徹夫(くば てつお、1954年2月2日 - )は日本技術者実業家京セラ代表取締役社長や、同社代表取締役会長、京都パープルサンガ代表取締役会長等を務めた。

人物・経歴[編集]

福岡県出身。福岡県立嘉穂高等学校を経て[1]、1979年九州大学工学部卒業[2]。1982年京都セラミツク(現京セラ)入社。自動車部品事業部長、ファインセラミック統括事業部長を経て、2003年執行役員に昇格。2005年執行役員常務。2007年執行役員専務。2008年取締役兼執行役員専務[3][4]

2009年から京セラ代表取締役社長を務め[3]太陽電池事業の黒字化などを実現した[5]。2013年代表取締役会長、京都パープルサンガ代表取締役会長、京セラサーキットソリューションズ代表取締役会長。2014年京セラコネクタプロダクツ代表取締役会長。2015年AVXCorporation取締役会長[3]。2017年京セラ相談役[6]

脚注[編集]

  1. ^ 週刊エコノミスト 2015年2/3号
  2. ^ 京セラ社長 久芳徹夫氏 携帯、中南米が試金石京都新聞2010年9月23日
  3. ^ a b c [1]
  4. ^ [2]京セラ
  5. ^ 「京セラ社長に山口氏 久芳社長は会長に 」日本経済新聞2013/2/21付
  6. ^ 京セラ社長に谷本取締役 「事業間の連携強化」 日本経済新聞2017/2/20 17:43
先代:
川村誠
京セラ社長
第6代:2009年 - 2013年
次代:
山口悟郎