久留米籃胎漆器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

久留米籃胎漆器(くるめらんたいしっき)または籃胎漆器は主に福岡県久留米市で生産される漆器である。籃胎とは竹などを網目状に編んだもので、そこにを塗り重ねて仕上げる。福岡県知事指定特産工芸品・民芸品[1]

籃胎状の漆器は青森県宮城県から出土しているもの[2]や現在の中国で生産されるもの等があるが本項では現在、久留米市で生産される漆器を記す。

特徴[編集]

主な特徴である籃胎の外観は雅で[3][4]且つ、実用的である[4]とされる。

沿革[編集]

久留米藩のお抱え塗師川崎峰次郎が、中国産の漆器の塗り方を竹製の器に応用したことから始まる[5]。川崎峰次郎が、竹細工に秀でていた近藤幸七の精巧な籠に堅地塗を施し[5]、峰次郎没後に息子の辰次、猪次郎がそれを改良し展覧会への出品や販路の拡大に努めて世に広まった。

明治40年代に入り川崎家から久留米籃胎漆器合資会社に販売業が移って海外販売にも進出した[5]

脚注[編集]

  1. ^ 福岡県の伝統工芸品 - 福岡県庁県民情報広報課
  2. ^ 研究紀要. (10) 36p
  3. ^ 「久留米案内」39頁
  4. ^ a b 躍進!久留米を語る : 附・久留米及び筑後路の観光案内 11p 参考
  5. ^ a b c 躍進!久留米を語る : 附・久留米及び筑後路の観光案内 12p 参考

参考文献[編集]

  • 浅野陽吉、武田令太郎編『久留米案内』金文堂、1902年。
  • 久留米商工会議所『躍進!久留米を語る 附・久留米及び筑後路の観光案内』出版:久留米商工会議所、1937年。
  • 中島友文「青森市朝日山(2)遺跡の土坑墓について」『研究紀要』(10)、青森県埋蔵文化財調査センター、2005年。

外部リンク[編集]