久松定成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

久松 定成(ひさまつ さだなり、1926年10月4日 - 2008年4月3日[1])は、日本の農学者昆虫学者甲虫類分類学的研究を主とし、愛媛大学農学部の講師・教授等を務めた。退官後は靖国神社崇敬奉賛会会長[1]などを務めた。

経歴[編集]

東京府(現:東京都)生まれ。

成蹊小学校(23回生)[2]陸軍幼年学校(45期)、陸軍予科士官学校(60期)を卒業し、陸軍航空士官学校在学中に終戦を迎える。1952年学習院大学文政学部政治学科、愛媛県立松山農科大学農学科(現愛媛大学農学部)を卒業。

愛媛大学農学部教務員、文部教官助手、講師、1991年10月より同学部環境昆虫学研究室第4代教授を歴任し、1992年3月定年退官。1991年12月、東京農業大学 農学博士 「Revisional Studies on the Family Eucnemidae of Japan(日本産コメツキダマシ科の分類学的研究) 」。[3]前日本昆虫分類学会会長。日本昆虫分類学会評議員。日本甲虫学会評議員。

社団法人愛媛県華道会会長、2002年5月31日より賊軍の県としては初めての靖国神社崇敬奉賛会会長に就任(第2代)、伊豫豆比古命神社(椿神社)崇敬会会長、日本会議愛媛県本部会長、伊予つばき協会会長、四国桜友会会長(学習院大学同窓会)、(財)常盤同郷会など務める。日本洞窟学会会員。松山ロータリークラブ会員(2005年度会長)。

2008年4月3日、心不全のため愛媛県松山市内の自宅で死去。81歳没[1]。墓所は同市にある浄土宗大林寺

家族[編集]

徳川家康の異父弟・松平(久松)定勝を祖とし、その次男定行御家門伊予松山藩主となってから20代目にあたる久松家当主。香淳皇后(明仁上皇の母)の従甥にあたる。

父・久松定武貴族院議員を経て参議院議員緑風会所属)を務め、愛媛県知事を5期務めている。祖父・久松定謨フランスサン・シール陸軍士官学校に入学し、のち陸軍中将になる。華族令により伯爵の爵位を授けられる。

妻は昂子(たかこ)。長男は定智(一般財団法人久松記念財団理事長)。

著書[編集]

共著[編集]

  • 『石鎚山系の自然と人文』(編著) 愛媛新聞社 1960年
  • 『原色日本昆虫大図鑑III』(編著) 北隆館 1965年
  • 『学芸百科辞典 鞘翅目』(分担執筆) 旺文社 1973年-1975年
  • 『学研中高生図鑑 昆虫III』(編著) 学習研究社 1975年
  • 『原色日本甲虫図鑑 (II)』 保育社 1985年
  • 『原色日本甲虫図鑑 (III)』 保育社 1985年
  • 『愛媛百科大事典(上・下)』 愛媛新聞社 1985年
  • 『農林有害動物・昆虫名鑑』 日本応用動物昆虫学会編 日本植物防疫協会 1987年
  • 『日本産昆虫総目録』 九州大学・日本野生生物研究センター編 九州大学農学部昆虫学教室 1989年

脚注[編集]

  1. ^ a b c “久松定成氏死去 元愛媛大教授”. 共同通信社. 47NEWS. (2008年4月3日). オリジナルの2013年12月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131212150605/http://www.47news.jp/CN/200804/CN2008040301000655.html 2017年1月29日閲覧。 
  2. ^ 久松定成氏 逝去 一般社団法人成蹊会
  3. ^ 博士論文書誌データベース
先代:
久松定武
定勝流久松家当主
1995年 - 2008年
次代:
久松定智