久木留毅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

久木留 毅(くきどめ たけし、1965年12月28日 - )は専修大学文学部教授(スポーツ情報戦略)。和歌山県出身。

略歴[編集]

[2] [3]

職歴[編集]

(株)リクルート、北里大学、国際協力機構青年海外協力隊(シリア・アラブ共和国派遣)、参議院議員馳浩事務所等を経て現在に至る。

研究[編集]

  • 高度競技マネジメント
トップスポーツの政策、競技スポーツにおける情報戦略研究
  • スポーツ医・科学研究
コンディショニング(競技者の減量を中心として)の研究

競技歴[編集]

学生日本選抜(1986年)、全日本選手権上位入賞(1987年)、全日本社会人選手権準優勝(1991年、1992年)等。
世界選手権(1991年)、ワールドゲームズ日本代表(1993年)。

指導歴[編集]

  • レスリング
    • ジュニアナショナルチームコーチ(1997年~2008)
    • 2005年トルコ・イズミル ユニバーシアード代表監督、
    • ナショナルチームコーチ(2000 年~2013年)
    • ナショナルチームテクニカルディレクター(2009年~2013年)
    • 国際レスリング連盟(FILA)指導者講習会インストラクター(2006,2007,2008)
    • FILATechnical Committeeメンバー(2013年〜現在に至る)

社会活動[編集]

  • (公)日本オリンピック委員会
    • 情報・医・科学部会部会員、情報戦略部門・部門長、ゴールドプラン委員会委員、他 [4]
  • オリンピック競技大会(2004,2008,2012)日本選手団情報戦略スタッフ[5]
  • ロンドンオリンピック、ソチオリンピック対策プロジェクト委員 [6]
  • (財)日本レスリング協会特定理事、強化委員会委員(ナショナルチームコーチ兼テクニカルディレクター)、[7]
  • 「スポーツ振興に関する懇談会」メンバー、ロンドンオリンピック強化支援タスクフォースメンバー [8]
  • スポーツ議員連盟
新スポーツ振興法制定プロジェクトチーム「アドバイザリーボード」メンバー
スポーツ庁設置検討プロジェクト・有識者会議メンバー [9]
  • (独)日本スポーツ振興センター(JSC) 情報・国際部アドバイザー、 
JSCラフバラ大学政策情報研究拠点センター長、JSCロンドン事務所参事 [10]
  • 嘉納治五郎記念国際スポーツ研究・交流センター 特別研究員[11]

論文[編集]

  • MRI evaluation of body composition changes in wrestlers undergoing rapid weight loss. Takeshi Kukidome, Katsuyoshi Shirai, Junjiro Kubo,Yoshiko Nakashima, Osamu Yanagisawa, Toshiyuki Honma, Katsuji Aizaw

42(10) 814-818 2008年10月 [12]

  • The development of trunk muscles in male wrestlers assessed by magnetic resonance imaging.

Kubo J, Ohta A, Takahashi H, Kukidome T, Funato K Journal of strength and conditioning research / National Strength & Conditioning Association 21 1251-1254 2007年11月

  • 急速減量によるアスリートのエネルギー代謝変動 久木留 毅, 相澤 勝治, 岡田 藍, 徳山 薫平, 河野 一郎 体力科學 56(4) 429-436 2007年8月 [13]

他多数

著書[編集]

単著[編集]

  • 『Think Ahead』生産性出版、2015年
  • 『英国における拠点大学のスポーツ戦略』専修大学出版局、2015年

共著[編集]

  • 『スポーツ医学検査測定ハンドブック』文光堂、2004年
  • 『中国社会の現状』専修大学出版局、2011年
  • 『スポーツと国際協力』大修館書店、2015年

書籍以外のもの[編集]

著書以外のもので関わりがあるもの

  • 『レスリングNTSテクニカルビデオ Vol.1 グレコローマンスタイル』財団法人日本レスリング協会、2003年
  • 『レスリングNTSテクニカルビデオ Vol.2 フリースタイルスタンドテクニック編』財団法人日本レスリング協会、2006年

脚注[編集]

  1. ^ スポーツ庁参与についてスポーツ庁ホームページ
  2. ^ [1]2015年1月31日閲覧
  3. ^ [2]専修大学研究者情報データベース(研究者紹介) 2015年1月31日閲覧
  4. ^ [3]2015年1月31日閲覧
  5. ^ [4]2015年1月31日閲覧
  6. ^ [5]2015年1月31日閲覧
  7. ^ [6]2015年1月31日閲覧
  8. ^ [7]2015年1月31日閲覧
  9. ^ [8]2015年1月31日閲覧
  10. ^ [9]2015年1月31日閲覧
  11. ^ [10]2015年1月31日閲覧
  12. ^ [11]814-818 2008年10月
  13. ^ [12] 体力科學 56(4) 429-436 2007年8月

出典[編集]

外部リンク[編集]