久志御殿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

久志御殿(くしうどぅん)は、尚貞王の長男・尚純の三男・尚盛、越来王子朝得(1702年-1759年)を元祖とする琉球王族第二尚氏の分家。王国末期に久志間切(現・東村名護市の一部)の按司地頭を務めた琉球王国大名

一世・朝得の父・尚純は尚貞王の長男で王世子(中城王子)であったが即位前に亡くなり、息子の尚益王が即位したため、王の父たるをもって王号を追贈された。六世・朝熹から久志間切に転任し、以後久志を家名とした。

系譜[編集]

  • 一世・越来王子朝得
  • 二世・越来按司朝穎
  • 三世・越来按司朝教
  • 四世・不詳
  • 五世・越来按司朝恭
  • 六世・久志按司朝熹
  • 七世・久志按司朝春

参考文献[編集]

  • 沖縄県氏姓家系大辞典 編纂委員会『沖縄県氏姓家系大辞典』角川書店、1992年(平成4年)。ISBN 978-4040024707
  • 宮里朝光(監修)、那覇出版社(編集)『沖縄門中大事典』那覇出版社、1998年(平成10年)。ISBN 978-4890951017
  • 比嘉朝進『士族門中家譜』球陽出版、2005年(平成17年)。ISBN 978-4990245702
  • 『中山世譜 附巻』

関連項目[編集]