久布白落実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

久布白 落実(くぶしろ おちみ、1882年12月16日 - 1972年10月23日)は、戦前戦後における女性解放運動家の一人。

来歴[編集]

1882年熊本県鹿本郡出身の牧師、大久保真次郎と、徳富蘇峰徳冨蘆花の妹・音羽の長女として生まれる[1]。真次郎は、1902年に渡米し、ハワイとオークランドに日系移民のための教会の設立した人物[2]。幼い頃洗礼を受ける。

1903年女子学院高等科卒業後、両親の伝道に同行しアメリカへ赴く[3]1906年に起きたサンフランシスコ大地震で、落実は被災者の支援活動を行った際に、日本から移民した娼婦たちが住む地域に通訳として赴き、日系移民女性の悲惨な生活を目の当たりにする矯風会。この経験が、廃娼運動を志す契機となった[3]。米国太平洋神学校に在学中に久布白直勝と出会い、結婚してシアトルに住む[3][4]

1913年に帰国し、夫と共に大阪、高松、東京で牧師として活動する。夫と共に、東京市民教会を創設する。それと平行して、廃娼運動の他、市川房枝らとともに婦人参政権運動にも参画する。

1940年10月17日皇紀二千六百年奉祝全国基督教信徒大会の奨励を担当、「興亜奉公という偉大な精神は日本国民に対して火の柱、雲の柱であると信ずる、新体制は十字架の道である」と述べた。

戦後、第1回参議院議員通常選挙全国区から自由党公認で立候補したが落選した[5]売春禁止法制定促進委員会委員長となり、1956年売春防止法の制定に尽力した。

昭和41年(1966年)に83歳で日本基督教団正教師試験に合格する。

それらの功績により、藍綬褒章、勲三等瑞宝章を受章した。

廃娼運動[編集]

矯風会の「婦人新報」に廃娼論を寄稿したことをきっかけに、矯風会の活動に参加し、廃娼運動に取り組むようになる[6]1916年飛田遊郭の開設への反対運動を展開したが、飛田新地の開設を阻止することはできなかった[6]。その後も、住吉公園遊郭取り消し請願、吉原遊郭の再建の反対運動にも取り組んだ[6]

親族[編集]

著作[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 竹中正夫『異文化・交流のはざまで:内田淑子のルーツと生涯』図書印刷同朋舎, 2005,
  2. ^ 「自治に生きる」同志社スピリット・ウィーク
  3. ^ a b c 室田保夫『人物でよむ近代日本社会福祉のあゆみ』ミネルヴァ書房、2006年5月30日、142頁。
  4. ^ 『日本キリスト教大事典』
  5. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』539頁。
  6. ^ a b c 室田保夫『人物でよむ近代日本社会福祉のあゆみ』ミネルヴァ書房、2006年5月30日、144頁。
  7. ^ 「近代の山鹿を築いた人たちシリーズ「久布白落実」」(外部リンク)
  8. ^ 自治に生きる吉田亮、同志社スピリット・ウィーク、2010年6月11日
  9. ^ 「久布白落実の研究―廃娼運動とその周辺」(外部リンク)
  10. ^ 富岡物語(2)富岡への道日本文教出版、2014.07.23
  11. ^ 緑川製糸場跡甲佐町教育委員会
  12. ^ 『村岡花子エッセイ集 腹心の友たちへ』 村岡花子、河出書房新社, 2014/02/24、「結婚をめぐって」の項

参考文献[編集]

  • 『日本キリスト教大事典』教文館、2003年
  • 室田保夫 『人物でよむ近代日本社会福祉のあゆみ』ミネルヴァ書房、2006年5月30日。ISBN 4-623-04519-6 
  • 『国政選挙総覧:1947-2016』日外アソシエーツ、2017年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]