久喜の提灯祭り・天王様

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:祭りの様子の画像提供をお願いします。2019年1月

久喜の提灯祭り・天王様(くきのちょうちんまつり・てんのうさま)とは、埼玉県久喜市で行われる、旧久喜町の鎮守である八雲神社祭礼である。祭礼期間は毎年7月12日から7月18日までであるが、山車が曳き廻されるのは12日と18日のみである。山車の曳き廻しは「久喜八雲神社の山車行事」として平成16年(2004年)4月1日に久喜市民俗文化財に指定された。

由来[編集]

天明3年(1783年)の浅間山の大噴火で、をはじめ夏作物が全滅したことによる生活苦・社会不安などを取り除くため、祭礼用の山車を曳き回して豊作を祈願したのが始まりと伝えられているが、流行病が広まった為に始まったとも伝えられている。

山車[編集]

8町内から8台の山車が繰り出される。廻り舞台形式の屋台形山車で、各町内ともほぼ同様な形態である。昼間は伝説・歴史上の人物の人形を山車の上に飾り立て町内を曳き廻す。夜間は、人形を取りはずし、山車の四面に四百数十個の提灯を飾りつけた提灯山車となる。その山車の様子は関東一とも言われる。この祭りは喧嘩祭りとしての側面もあり、かつては勇ましく山車同士をぶつけ合い各町内の繁栄を競い合っていた。現在でも山車を急接近させたり、ぶつけたりする。なお、提灯の光源には現在でもろうそくを使用している。

昼間に飾られる人形[編集]

町名 人形
本一(ほんいち) 素戔嗚尊(スサノヲノミコト)
本二(ほんに) 武内宿禰(タケノウチノスクネ)
本三(ほんさん) 神功皇后(ジングウコウゴウ)
仲町(なかまち) 織田信長(オダノブナガ)
志ん一(しんいち) 日本武尊(ヤマトタケルノミコト)
志ん二(しんに) 神武天皇(ジンムテンノウ)
東(あづま) 素戔嗚尊(スサノヲノミコト)
東一(とういち) 鍾馗(ショウキ)

会場[編集]

八雲神社の祭礼であるが、神社自体が久喜駅西口至近に位置するため、事実上、久喜駅西口周辺が会場となり、祭りの最後には久喜駅西口に各町内の山車が全て集結する。また、旧市街地を通る久喜駅前通り(県道六万部久喜停車場線旧道)には久喜市の道路愛称名として「提灯祭り通り」の名が付されている。

外部リンク[編集]