久利富周介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
くりとみ しゅうすけ
久利冨 周介
本名 不詳
別名義 久利冨 周助
久利冨 秀介
東 健兒 (あずま けんじ)
東 健次
久里登美 周平 (くりとみ しゅうへい)
生年月日 不詳年
没年月日 1927年3月1日
出生地 日本の旗 日本
職業 俳優
ジャンル 新派劇映画時代劇現代劇剣戟映画サイレント映画
活動期間 1923年頃 - 1927年
配偶者
主な作品
正剣邪剣

久利富 周介(くりとみ しゅうすけ、生年不詳 - 1927年3月1日)は、日本の俳優である[1][2]久利冨 周介と表記されることもある。本名不詳[1][2]久利冨 周助久利冨 秀介と表記に揺れがある。旧芸名は東 健兒(あずま けんじ)[1][2]東 健次[1][2]久里登美 周平(くりとみ しゅうへい)[2]

来歴・人物[編集]

生年生地不明[1][2]。学歴も不明である[1][2]

詳細な年月日は不明だが、筒井徳二郎一座を経て1925年(大正14年)、マキノ・プロダクションに入社する[1][2]。当初は東健児という芸名で活動していたが、同所の映画監督である寿々喜多呂九平(1899年 - 1960年)が1924年(大正13年)5月8日に公開された後藤秋声監督映画『血桜』で阪東妻三郎(1901年 - 1953年)が演じた主人公平戸美周介から久利富周介と命名したといわれている[1][2]。以後、主に悪役俳優として多数の作品で活躍する。2004年(平成16年)10月15日に発行された『日本映画人改名・改称事典』(国書刊行会)によれば、東健而で筒井徳二郎一座に入り、愚教師というペンネームを用いた事もあるという旨が記されているが、徳川夢声(1894年 - 1971年)を養成した事で知られる愚教師こと東健而(1889年 - 1933年)の誤りと思われる[2]

1927年(昭和2年)2月27日から撮影が開始された牧野省三監督映画『忠魂義烈 実録忠臣蔵』において、久利富は翌28日にかけて大雪の彦根城月形龍之介(1902年 - 1970年)扮する清水一角に斬られて池に放り込まれる浪士を演じていたが、それがもとで急性肺炎を患い、入院する[1]。回復の見込みも無いまま、同年3月1日に急逝した[1][2]。享年不詳。久利富の撮影所葬は同年3月6日に行われた[1]。久利富の来歴ついて記載されている資料はほとんど存在しない。また、キネマ旬報映画データベースにおいても久利富の項目は確認できない。

出演作品[編集]

マキノ・プロダクション御室撮影所[編集]

特筆以外、全て製作は「マキノ・プロダクション御室撮影所」、配給は「マキノ・プロダクション」、全てサイレント映画、特筆以外は全て「久利富周介」名義である。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 『日本映画興亡史 マキノ一家』ワイズ出版、2000年、24頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 『日本映画人改名・改称事典』国書刊行会、2004年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]