久保田秀次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

久保田 秀次郎(くぼた しゅうじろう、1944年11月8日 - )は日本中央競馬会(JRA)の元騎手

来歴[編集]

東京都府中市出身。1960年に長期騎手課程の講習生となり、修了後に尾形藤吉厩舎の騎手見習となって、1963年に騎手デビューを果たした。講習生の同期には、大崎昭一笹倉武久安田伊佐夫久保敏文鹿戸明らが居る。

久保田のお手馬で有名なのは、カブトシローである。1966年3月の中山競馬場でのオープン戦(芝1800m)が初騎乗で1着になると、翌年秋まで主戦騎手として騎乗し、1966年天皇賞・春では、尾形厩舎のハクズイコウの3着に入り、有馬記念でも同じく尾形厩舎のコレヒデの2着となった。さらに翌年には、天皇賞・春でスピードシンボリの2着になると、秋の天皇賞で遂に1着となった。

しかし、1968年には年間わずか11回の騎乗(うちカブトシローに3回騎乗)で未勝利に終わり、翌年はいちども騎乗せずにそのまま騎手を廃業した。廃業理由やその後の消息は不明である。

おもな騎乗馬[編集]

重賞3勝

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献・出典[編集]

  • 「中央競馬年鑑・昭和38年 - 昭和44年版」(日本中央競馬会)