丹羽氏資

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
丹羽氏資
時代 安土桃山時代
生誕 不明
死没 慶長4年8月3日1599年9月22日
別名 通称:勘六郎
戒名 即庵玄心
氏族 一色丹羽氏
父母 父:丹羽氏次、母:鈴木重信
兄弟 氏資氏信

丹羽 氏資(にわ うじすけ)は、安土桃山時代武将。のちに三河伊保藩初代藩主となる丹羽氏次の長男。

丹羽氏次の嫡男として生まれ、上総国武射郡において所領を与えられるが、家督を相続することなく慶長4年(1599年)に伏見城において早世した。代わって、弟・氏信が嫡子となり、氏資死後立藩した伊保藩を継いだ。