丹羽将弥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
丹羽 将弥
OB-Masaya-Niwa.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県海部郡佐屋町(現:愛西市
生年月日 (1989-04-18) 1989年4月18日(30歳)
身長
体重
178 cm
84 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手一塁手
プロ入り 2007年 高校生ドラフト1巡目
年俸 580万円(2012年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

丹羽 将弥(にわ まさや、1989年4月18日 - )は、愛知県海部郡佐屋町(現:愛西市)出身の元プロ野球選手外野手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

愛知県海部郡佐屋町(現:愛西市)出身。永和小3年時に永和クラブで投手として野球を始める。永和中学時代には硬式野球の西尾張ドリームスに所属。 岐阜城北高時代は1年生から中軸を打ち、2年生では選抜高等学校野球大会に4番打者として出場し、岐阜県勢としておおよそ半世紀ぶりとなるベスト4進出に貢献した。

3年夏は県大会の準決勝で敗退したものの、5月に対戦したブラジル高校選抜と対戦し長良川球場で140メートル越えの場外HRを放ったことがスカウトの目に止まった。

2007年高校生ドラフト1位(中田翔の外れ1位)で入団。高校通算23本塁打。

プロ入り後[編集]

1年目の2008年は二軍で14試合に出場、打率.125に終わったが1本塁打を記録した。翌2009年は二軍で41試合に出場するも打率.154、0本塁打、OPS.446とプロの壁に苦しんだ。

2010年は二軍で68試合に出場し、打率.208、1本塁打、OPS.533と前年よりも成績を上げた。2011年は、二軍での出場試合数こそ47試合に減少したものの打率.238、1本塁打、OPS.579と成績を伸ばした。

しかし、2012年は二軍で僅か5試合の出場に終わり、10月4日戦力外通告を受けた[1]。その後、長打力を期待されて11月11日から地元ナゴヤ球場で行われた中日ドラゴンズの秋季練習にテスト生として参加したが[2]11月21日の紅白戦では3打数無安打と結果を残せず、翌11月22日に不合格が発表された[3]

引退後[編集]

その後、関西メディカルスポーツ学院に入学して1年間在籍、2014年からは日本新薬に所属して社会人野球でプレーすることが決まった[4]。ここで2年間プレーして2015年オフに退部。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 32 (2008年 - 2012年)

応援歌[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 戦力外通告のお知らせ”. オリックス・バファローズ オフィシャルサイト (2012年10月4日). 2012年10月4日閲覧。
  2. ^ 【中日】前オリックス丹羽をテスト - プロ野球ニュース : nikkansports.com”. 日刊スポーツ (2012年11月11日). 2012年11月11日閲覧。
  3. ^ 中日 前オリックス・丹羽との契約見送り 紅白戦で結果出せず… ― スポニチ Sponichi Annex 野球”. スポニチアネックス (2012年11月22日). 2012年11月23日閲覧。
  4. ^ 卒業生の声 関西メディカルスポーツ学院

関連項目[編集]