丹波道主命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

丹波道主命(たんばのみちぬしのみこと/たにはのみちぬしのみこと、生没年不詳)は、記紀等に伝わる古代日本皇族(王族)。

日本書紀』では「丹波道主命」・「丹波道主王」、『古事記』では「丹波比古多多須美知能宇斯王(たんば(たには)ひこたたすみちのうしのみこ)」と表記される[1]

第9代開化天皇の皇孫で、第12代景行天皇の外祖父である。四道将軍の1人で、丹波に派遣されたという。

系譜[編集]

日本書紀』垂仁天皇条によれば、丹波道主命は第9代開化天皇皇孫である[1]。父は開化天皇皇子の彦坐王(ひこいますのみこ)とするが、開化天皇の別皇子である彦湯産隅命(ひこゆむすみのみこと)を父とする別伝も掲げている[1]

古事記』開化天皇段では、父は日子坐王(彦坐王)、母は天之御影神の女の息長水依比売娘(おきながのみずよりひめ)であるという[1]。また同母弟妹として、水之穂真若王(近淡海安直の祖)、神大根王(八瓜入日子王:三野国本巣国造で、長幡部連の祖)、水穂五百依比売、御井津比売の記載が見える。うち神大根王は、『先代旧事本紀[原 1]では三野前国造の祖であるという。

妻子に関しては、『日本書紀』では妻の記載はなく、子に日葉酢媛・渟葉田瓊入媛・真砥野媛・薊瓊入媛・竹野媛がいるという。『古事記』では、開化天皇段では妻を丹波之河上之摩須郎女(たんばのかわかみのますのいらつめ)として子を比婆須比売命・真砥野比売命・弟比売命・朝廷別王とする記載が見えるほか、垂仁天皇序段では子として氷羽州比売命・沼羽田之入毘売命・阿邪美能伊理毘売命、後段では子として比婆須比売命・弟比売命・歌凝比売命・円野比売命の記載が見える。

  • 妃:丹波之河上之摩須郎女(日本書紀なし)
    • 日葉酢媛命(日本書紀。古事記:比婆須比売命/氷羽州比売命) - 第11代垂仁天皇皇后で、第12代景行天皇や倭姫命等の母。
    • 真砥野媛(日本書紀。古事記:真砥野比売命/円野比売命) - 丹波之河上之摩須郎女の子。垂仁天皇妃。
    • 弟比売命(古事記。日本書紀なし) - 丹波之河上之摩須郎女の子。垂仁天皇に召し上げ。
    • 朝廷別王(古事記。日本書紀なし) - 丹波之河上之摩須郎女の子。三川穂別の祖。
  • 妃:記載なし
    • 渟葉田瓊入媛(日本書紀。古事記:沼羽田之入毘売命) - 垂仁天皇妃。
    • 薊瓊入媛(日本書紀。古事記:阿邪美能伊理毘売命) - 垂仁天皇妃。
    • 竹野媛(日本書紀。古事記なし)
    • 歌凝比売命(古事記。日本書紀なし)

記録[編集]

『日本書紀』崇神天皇10年9月9日条では丹波道主命を丹波に派遣するとあり、同書では北陸に派遣された大彦命東海に派遣された武渟川別西道に派遣された吉備津彦命とともに「四道将軍」と総称されている[1]。その後、将軍らは崇神天皇10年10月22日に出発し、崇神天皇11年4月28日に平定を報告した。

また同書垂仁天皇5年10月条によると、皇后の狭穂姫命が兄の狭穂彦王の謀反にあたって自殺する直前、天皇に丹波道主命の女5人を後宮に入れることを進言した[1]。その後5人のうち竹野媛は本国に返されたが、日葉酢媛命は後皇后となり景行天皇倭姫命らを産んだという[1]

一方『古事記』では、丹波に派遣されたのは丹波道主命ではなく父の日子坐王(彦坐王)とし、事績に関する記載はない。

[編集]

丹波道主命に関して、宮内庁による治定墓はない。ただし、兵庫県篠山市東本荘にある宮内庁の雲部陵墓参考地(くもべりょうぼさんこうち、位置)では、丹波道主命が被葬候補者に想定されている[2]。遺跡名は「雲部車塚古墳」。墳丘長約140mで、丹波地方では最大規模の前方後円墳である(治定経緯は「雲部車塚古墳」参照)。

伝承[編集]

京都府京丹後市久美浜にある神谷太刀宮神社式内社)では、丹波道主命が祭神として祀られており、かつて丹波道主命が佩いた宝剣「国見の剣」を祀ったと伝える[3]。また、その剣名から「国見」「久美」となり「くみのみなと」「くみの見谷」「くみの浜」などの地名が生じたとも伝える。

脚注[編集]

[ヘルプ]

原典

  1. ^ 『先代旧事本紀』「国造本紀」三野前国造条。

出典

  1. ^ a b c d e f g 丹波道主命(古代氏族) & 2010年, p. 426.
  2. ^ 外池昇『事典陵墓参考地 もうひとつの天皇陵』(吉川弘文館、2005年)pp. 49-52。
  3. ^ 神谷太刀宮神社(京丹後市観光協会)。

参考文献[編集]

関連項目[編集]