丹後直平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

丹後 直平(たんご なおへい、1855年11月18日(安政2年10月9日[1])- 1920年大正9年)3月17日[2])は、日本の実業家政治家衆議院議員

経歴[編集]

越後国蒲原郡本郷村[3](後の北蒲原郡中条町大字本郷[4]、現新潟県胎内市)で、丹後宗民の十二男として生まれ丹後宗淳の養子となる[1]。漢学塾を経て、東京大学文学部で学んだ[1][2]

帰郷後、町村会議員、北蒲原郡会議員、新潟県会議員、学務委員、徴兵参事員などを務めた[1][2]

実業界では、農業、絵具塗料製造・販売を営み、蚕糸業組合長、中条共立銀行取締役などを務めた[1][2]

1890年7月、第1回衆議院議員総選挙に新潟県第二区から出馬して当選[2]。その後、第2回第3回第7回第8回第9回総選挙でも当選し、衆議院議員を通算六期務めた[2]。この間、地方産業の振興に尽力し、そのため行政経費の削減、国民負担の軽減を主張した[3][4]。その他、立憲政友会協議員を務めた[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『人事興信録』初版、518頁。
  2. ^ a b c d e f 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』402頁。
  3. ^ a b 『新潟県大百科事典』復刻デスク版、1204頁。
  4. ^ a b c 『立憲政友会功労者追遠録』207-208頁。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 新潟日報事業社出版部編『新潟県大百科事典』復刻デスク版、新潟日報事業社出版部、1984年。
  • 青野権右衛門編『立憲政友会功労者追遠録』安久社、1933年。
  • 人事興信所編『人事興信録』初版、1903年。