丸物会館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
丸物会館
Marubutsu Kaikan
情報
通称 丸物東宝
豊橋西武東宝
正式名称 丸物会館
完成 1950年
開館 1950年
閉館 1997年8月
収容人員 270人
設備 DOLBY STEREO
用途 映画館
運営  千歳興行
所在地 440
愛知県豊橋市駅前大通1-55
位置

北緯34度45分44.6秒東経137度23分01.8秒

丸物会館の位置(愛知県内)
丸物会館
丸物会館
丸物会館
(閉店時は豊橋西武)
丸物東宝がリニューアルした1969年11月14日に舞台挨拶で来館した宝田明(1954年『ゴジラ』ポスターより)
丸物東宝がリニューアルした1969年11月14日に舞台挨拶で来館した宝田明
(1954年『ゴジラ』ポスターより)
店舗概要
所在地 440-0888
愛知県豊橋市駅前大通1-55
開業日 1950年
閉業日 2003年8月10日
正式名称 丸物会館
商業施設面積 26,000 m²[1]
営業時間 10:00 - 19:30
前身 豊橋丸物
後身 ココラフロント
最寄駅 JR名鉄豊橋駅
豊橋鉄道渥美線新豊橋駅
SEBU

丸物会館(まるぶつかいかん)は、愛知県豊橋市豊橋丸物百貨店にあった映画館。1950年に開館し、1997年に閉館した。

歴史[編集]

1931年(昭和6年)、豊橋市初の百貨店として豊橋丸物が開店した。太平洋戦争後の1950年(昭和25年)には区画整理の関係で、国鉄豊橋駅に近い駅前大通に移転し、鉄筋コンクリート3階建の建物を新築。これを機に、3階に大映映画上映館として丸物会館が開設された[2]。映画館の運営は千歳劇場と同じく千歳興行[3]

当初は大映作品や洋画を上映していたが、1952年(昭和27年)には大映に特化した封切館となった[3]。1957年(昭和32年)には改装。1964年(昭和39年)12月には4階に移転して、豊橋東宝映画劇場と上映作品を入れ替えて丸物東宝[4]。4階時代は396人収容[3]。1969年(昭和44年)11月14日[5]には4階から6階に移転。この時のリニューアルオープン番組として『水戸黄門漫遊記』(監督千葉泰樹)と『赤毛』(監督岡本喜八)が上映されており、そのうち『水戸 - 』に出演した宝田明が舞台挨拶で来館している[5]。1972年(昭和47年)には豊橋東宝に改称[2]

1973年(昭和48年)には丸物本体との見解の相違から、豊橋丸物は西武百貨店と提携して同年11月23日に豊橋西武となった[1]。これにともなって、豊橋東宝は豊橋西武東宝(270席)に改称している[3]。豊橋西武東宝は1997年(平成9年)8月に閉館となり[3]、さらに2003年(平成15年)8月10日には豊橋西武自体が百貨店としての営業を終えた[2]。2004年(平成16年)にはサーラグループが豊橋西武跡地を取得し、2008年(平成20年)には複合ビル・ココラフロントが開業している[3]

戦後の豊橋市中心部に存在した映画館

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b “豊橋西武の新館、あす花やかにオープン”. 東愛知新聞 (東愛知新聞社): p. 1. (1973年11月22日) 
  2. ^ a b c 『豊橋百科事典』p. 686
  3. ^ a b c d e f 『戦後映画の黄金期 豊橋の映画館』
  4. ^ 『豊橋市の今昔』, p. 132
  5. ^ a b “花やかにオープン 丸物売場拡張と東宝会館竣工”. 東愛知新聞 (東愛知新聞社): p. 1. (1969年11月15日) 

参考文献[編集]

  • 大林淳男・駒木正清(監修)『豊橋市の今昔』樹林舎、2016年
  • 豊橋市美術博物館『戦後映画の黄金期 豊橋の映画館』豊橋市美術博物館、2012年
  • 豊橋百科事典編集委員会『豊橋百科事典』豊橋市、2006年