丸岡城 (出羽国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

丸岡城(まるおかじょう)は山形県鶴岡市丸岡にあった日本の城で、県指定史跡

歴史・沿革[編集]

庄内と内陸部を結ぶ六十里越街道沿いの要地にある城で、鎌倉時代よりこの地方を支配する武藤氏の支城がおかれていた。

武藤氏のあと上杉氏最上氏と領主が変わるが、元和元年(1615年)の一国一城令により取り壊された。のち最上氏が改易され、元和八年(1622年)に酒井氏の領地となった。

寛永九年(1632年)に熊本藩主加藤忠広が改易となり、酒井氏に預けられた際、酒井氏はこの城に忠広の居館などを造り居住させた。忠広没後は幕府直轄領となる。

現在は、南側の一部は宅地となり、他はほとんど畑になっている。

考古資料[編集]

遺構[編集]

城跡の広さは2ヘクタール。遺構は、土塁や堀などである。

関連項目[編集]