丸山駅 (埼玉県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
丸山駅
丸山駅
丸山駅
まるやま
Maruyama
(埼玉新都市交通本社前)
沼南 (1.0km)
(1.2km) 志久
所在地 埼玉県北足立郡伊奈町
所属事業者 Saitama New Urban Transit Logomark.svg 埼玉新都市交通
所属路線 伊奈線(ニューシャトル)
キロ程 8.2km(大宮起点)
駅構造 高架駅
ホーム 2面3線
乗降人員
-統計年度-
2,997人/日
-2015年-
開業年月日 1983年昭和58年)12月22日
備考 始発、当駅止まり列車一部あり
テンプレートを表示
駅入口(2007年3月)

丸山駅(まるやまえき)は、埼玉県北足立郡伊奈町にある、埼玉新都市交通伊奈線(ニューシャトル)のである。 この駅を境として大宮側は複線内宿側は単線である。

当駅の南側に上越新幹線東北新幹線の分岐点がある。

駅構造[編集]

2面3線のホームを有する高架駅。一部の列車はこの駅が始発、終点となる。2番線は両側にホームが接する構造であるが、下り線(1番線)側には柵があり、乗り降りできない。そのため、大宮駅発当駅行の電車では、隣の沼南駅で内宿駅行きに乗り換えるようにアナウンスが流れる。

配線は、内宿方面は全ての線路が単線に集約されるのに対して、大宮方面は1・3番線の線路が新幹線の両端を目指して大きく分かれ、2番線は急勾配で地上の車両基地へ下っていく出入庫線となる。基地へのスロープの手前に、2番線から1・3番線双方へ分岐するポイントがある。

改札は1階の北側の道路(埼玉県道323号上尾環状線)を向いているが、駅舎の南側の高架下に、埼玉新都市交通の本社がある。駅、社屋、車両基地は同一敷地内にある。

のりば
1 伊奈線(ニューシャトル) 内宿方面
2 大宮方面(当駅始発)
3 大宮方面

利用状況[編集]

2013年度の1日平均乗降人員(降車人員含む)は3,248人(統計いな より)。

2009年度の1日平均乗車人員(乗車人員のみ)は1,410人(埼玉県統計年鑑より)。

駅周辺[編集]

駅は伊奈町の南端に近く、大宮寄りには上尾市との境である原市沼川が流れ、原市沼が広がる。駅の西側の側道を南下すると埼玉新都市交通本社、駅前の県道を東へ進むとすぐ車両基地入口となる。高架下には駅前に公衆トイレと自動販売機コーナー、県道の北に駐輪場があるが、ロータリーや車寄せは設けていない。

西側

改札と県道を挟んで北側に、佐藤栄学園の運営施設である栄北高等学校埼玉自動車大学校日本美術専門学校が高架の西に並んでいる。

埼玉県立がんセンターが、県道を西へ徒歩5分ほどの位置にあったが、北方向へ移転し、現在は徒歩で15分ほどかかるため、連絡バスが運行されている。旧センターは研究棟となっている。新旧がんセンターの間には埼玉県立精神医療センターがあり、徒歩10分ほどである。

東側
江戸幕府創設期に、この周辺を治めた代官伊奈氏の本拠地。「伊奈町」の町名は、これによる。

伊奈町南部には、埼玉県道3号さいたま栗橋線沿いに区画整理された「栄」地区が存在するが、当駅とはやや離れており、道路アクセスも悪い。栄地区へは隣接する蓮田市宇都宮線蓮田駅から運行されているけんちゃんバスが便利である。

路線バス[編集]

乗り場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
丸山駅   6 志の崎 蓮田駅西口 丸建自動車
  6 水上公園入口・上尾運動公園前 上尾駅東口 丸建自動車
  直行シャトル便 (直行) 新がんセンター(埼玉県立がんセンター) 丸建自動車
  南循環 志久駅・伊奈町役場 総合センター 伊奈町循環バスいなまる
丸山駅前   ミッドナイトアロー伊奈・内宿   内宿駅 東武バスウエスト 深夜バス
降車専用(大宮駅発)
平日運転
  • 近接の埼玉県立がんセンターから上尾駅東口行の路線バス(朝日自動車)も運行されている。

歴史[編集]

丸山駅付近空中写真(1974年撮影 国土画像情報オルソ化空中写真(国土交通省)より) 駅北部の道路のみが既に存在している

隣の駅[編集]

Saitama New Urban Transit Logomark.svg 埼玉新都市交通
伊奈線
沼南駅 - 丸山駅 - 志久駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 丸山駅(路線図・駅情報) - 埼玉新都市交通