丸山弘志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

丸山 弘志(まるやま ひろし、1924年大正13年)7月15日 - 2007年平成19年)10月10日)は、日本運輸技官超電導リニア研究者、鉄道技術者、鉄道工学者、交通工学者、機械工学者精密工学者、安全工学者、生産工学者、工学博士。第21代日本国有鉄道鉄道技術研究所所長、元東京理科大学理工学部学部長、元科学技術庁参与、元文部科学省参与、元研友社顧問、元材料技術研究協会理事、元日本規格協会評議員、日本機械学会名誉員、東京理科大学名誉教授。

略歴[編集]

埼玉県北足立郡与野町(現さいたま市)出身。1941年(昭和16年)に新潟中学校を4年で修了、1943年(昭和18年)に新潟高等学校を卒業、1946年(昭和21年)に東京帝国大学第一工学部精密加工学科を卒業、運輸省鉄道技術研究所に入所。

電車などの高速化、安全性、信頼性を高める上で精密工学の導入を図り[1]、1964年(昭和39年)に新幹線用在姿車輪研削盤の開発で日本機械学会賞を受賞[2]、1970年(昭和45年)に電子式乗車券印刷発行機の開発で日本機械学会賞を受賞[3]

1970年(昭和45年)に日本国有鉄道鉄道技術研究所機械設備研究室室長に就任[4]、1974年(昭和49年)に日本国有鉄道鉄道技術研究所副所長に就任[4]

1977年(昭和52年)に日本国有鉄道鉄道技術研究所所長に就任[4]超電導磁気浮上式鉄道超電導リニア)研究の班長となり、1979年(昭和54年)12月21日に宮崎実験線にて無人実験車両ML500で世界最高速度517km/hを達成[1][5][6][7]

1980年(昭和55年)に東京理科大学理工学部機械工学科教授に就任[4]、1984年(昭和59年)に東京理科大学理工学部学部長に就任[4][注 1]、1987年(昭和62年)に学校法人東京理科大学評議員に就任[4]

日本の機械の安全規格の国際的標準化や、新幹線などの高速・大量輸送システムの安全規格の作成などに、指導的な役割を果たし[8]、1995年(平成7年)に東京理科大学を定年退職。

2002年(平成14年)に日本機械工業連合会から創立50周年記念の特別功労者表彰を受彰[9]、2006年(平成18年)に東京理科大学から東京理科大学名誉教授の称号を受称[8]

親族[編集]

賞罰[編集]

  • 1964年(昭和39年) - 第7回日本機械学会
  • 1970年(昭和45年) - 第13回日本機械学会賞
  • 1972年(昭和47年) - 第7回機械振興協会
  • 1982年(昭和57年) - 第7回交通図書賞(編著書『鉄道工学』)
  • 1983年(昭和58年) - 工業標準化功労者(通商産業大臣表彰)
  • 1990年(平成2年) - 藍綬褒章
  • 1998年(平成10年) - 標準化文献賞(編著書『機械安全の国際規格とCEマーキング』)
  • 2002年(平成14年) - 特別功労者(日本機械工業連合会表彰)
  • 2003年(平成15年) - 勲三等瑞宝章

著書[編集]

  • 『新制 切削作業法』伊藤鎮[共著]、オーム社、1955年。
  • 『JISにもとづく 研削トイシの選び方使い方』伊藤鎮・佐藤久弥[共著]、技術社、1961年。
  • 『鉄道の科学 旅が楽しくなる本』講談社、1980年。

編著書[編集]

  • 『電気・電子技術者のための 鉄道工学』片岡軌夫[共編著]、丸善、1981年。
  • 『機械技術者のための 鉄道工学』景山允男[共編著]、丸善、1981年。
  • 『土木技術者のための 鉄道工学』深澤義朗[共編著]、丸善、1981年。
  • 『機械安全の国際規格とCEマーキング 重要規則と規格の世界的動向』日本規格協会、1998年。

編書[編集]

  • 『工具の選び方・使い方』日本規格協会、1980年。
  • 『工具の選び方・使い方』新版、日本規格協会、1989年。

監修書[編集]

  • 『EC指令とCEマーキング 1: EC指令と製品安全規制』日本経済新聞社出版局、1994年。
  • 『製品安全のすべて 1: なぜ製品安全が重要なのか』日本経済新聞社出版局、1995年。

論文[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1988年(昭和63年)に退任[4]

出典[編集]

参考文献[編集]

関連文献[編集]