丸山孝彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

丸山 孝彦(まるやま たかひこ、本名は四股名と同じ、1946年11月14日- )は、福岡県京都郡勝山町大字上黒田(※現役当時、現・同郡みやこ町勝山上黒田)出身で、かつて時津風部屋に所属した力士である。最高位は東前頭13枚目(1976年1月場所)。得意手は右四つ、上手投げ、寄り。現役時代の体格は183cm、117kg。

来歴・人物[編集]

中学卒業後、元横綱双葉山が率いる時津風部屋に入門し、1962年5月場所にて15歳で初土俵を踏んだ。同期の初土俵組には、後の前頭・朝岡らがいる。序ノ口当初より、本名でもある「丸山」の四股名で相撲を取った。

その後、1968年3月より「純光(よしみつ)」に改名したが、1年ほどで元の「丸山」の名に戻している。同年以来幕下上位に定着し、1970年7月場所では、同部屋の後輩である長浜(後の小結豊山)と幕下優勝を争った(決定戦で敗れ、惜しくも優勝は逸している)。翌場所十両に昇進したが、4場所で幕下に陥落。その後は幕下22枚目まで下がった事もあったが、1972年9月場所で十両へと復帰した。

以降は幕下へ落ちる事もなく、1973年5月場所で新入幕。だが、前場所終盤で負傷した右膝の状態が思わしくなく、晴れの新入幕場所を全休する事態に陥った。公傷制度が適用されたため十両落ちは免れたが、幕内2場所目の7月場所では4勝11敗と大敗した。

その後は幕下30枚目まで番付を下げながらも徐々に盛り返し、1976年1月場所で再入幕を果たした。しかし、和錦との対戦で左足と肋骨を痛め、14日目より休場。結局、膝の古傷とこの怪我で力士生命を縮める事となってしまった。

最後は再度幕下まで陥落して、同年9月場所後、29歳で廃業した。

主な戦績[編集]

  • 現役在位:85場所
  • 通算成績:401勝368敗26休 勝率.521
  • 幕内在位:3場所
  • 幕内成績:8勝20敗17休 勝率.286
  • 各段優勝
    • 十両優勝:1回(1973年1月場所)
    • 幕下優勝:1回(1974年7月場所)

改名歴[編集]

  • 丸山(1962年9月場所-1968年1月場所、1969年3月場所-1976年9月場所)
  • 純光(1968年3月場所-1969年1月場所)

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

丸山 孝彦 力士情報