丸山五郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
丸山五郎

丸山 五郎(まるやま ごろう、1872年6月15日明治5年5月10日[1] - 1963年昭和38年)6月20日[2])は、日本の医師[1][3]埼玉県医師会[4]政治家衆議院議員憲政会立憲民政党)。旧姓・横田。ダンサーのSAMは曽孫にあたる[5]

経歴[編集]

埼玉県北足立郡吹上村(現在の鴻巣市)に生まれた[4]。埼玉県士族・横田半十郎の二男で[1]、丸山家を嗣いだ[3]1893年(明治26年)、東京慈恵医院医学専門学校を卒業[1]。東京病院に勤務した[1][3]1896年(明治29年)、南埼玉郡岩槻町に医院を開業した[1]。南埼玉郡会議員、同参事会員、同議長に選出された[4]

1924年大正13年)、第15回衆議院議員総選挙に出馬し、当選を果たした。

その他、南埼玉郡医師会長、埼玉県医師会議員・理事、日本医師会議員、埼玉県医師会長、岩槻自動車株式会社取締役などを務めた[2]

人物[編集]

宗教は曹洞宗[1][3]。趣味は盆栽、骨董[1]書画[3]

家族・親族[編集]

丸山家

埼玉県南埼玉郡岩槻町[1][3]

  • 養父・正吉[1]、あるいは吉正(旧岩槻藩士[5]
  • 妻・菊子(埼玉士族、寶生金五郎の二女)[1]
1875年 -
  • 養子・正三(小澤三吉の甥)[1]
1905年 -
  • 長男・[1]
1898年 -
東京帝国大学医科卒
  • 同妻・光子(赤間周吉の長女)[3]
  • 二男・正次[1]
1902年 - 1999年
法曹となった正次は、親族中では異色の存在だった。旧制粕壁中学校(現春日部高校)、二高東京大学法学部を経て、判事になった[6]。在職中、日本で初めて、医療過誤の判例を研究し、「医師の診療過誤について」という本を著した。その後、判事を辞め、弁護士に転じてからは、医師会の顧問として活躍した[6]。享年97歳。
  • 五男・敏夫[1]
1908年 -
  • 六男・武雄[1]
1910年 -
  • 七男・正寛[1]
1914年 -
  • 長女・多喜子(勝正吉の妻)[3]
  • 三女・千代[1]
1913年 -
親戚
  • 勝正吉(海軍軍医少将)[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 『大衆人事録 第3版』マ之部101頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年11月24日閲覧。
  2. ^ a b 議会制度百年史 1990.
  3. ^ a b c d e f g h i 『大衆人事録 第14版 北海道・奥羽・関東・中部篇』埼玉40頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年11月25日閲覧。
  4. ^ a b c 『総選挙衆議院議員略歴 第1回乃至第20回』427頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年11月24日閲覧。
  5. ^ a b SAM(TRF)〜医師の家系に生まれて 亡き父の思い、『ファミリーヒストリー』(2018年11月26日放送)。
  6. ^ a b 2006年(平成18年)12月のコラム、弁護士丸山正次先生と「離」、執筆 代表弁護士 大塚嘉一、菊地総合法律事務所公式サイト。

参考文献[編集]

  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第3版』帝国秘密探偵社、1930年。
  • 『総選挙衆議院議員略歴 第1回乃至第20回』衆議院事務局、1940年。
  • 『大衆人事録 第14版 北海道・奥羽・関東・中部篇』帝国秘密探偵社、1943年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。