丸塚古墳 (城陽市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
丸塚古墳
Maruzuka Kofun (Joyo), funkyu-2.jpg
墳丘
別名 久津川丸塚古墳
所属 久津川古墳群
所在地 京都府城陽市平川車塚
位置 北緯34度51分54.68秒 東経135度46分54.24秒 / 北緯34.8651889度 東経135.7817333度 / 34.8651889; 135.7817333 (久津川丸塚古墳)座標: 北緯34度51分54.68秒 東経135度46分54.24秒 / 北緯34.8651889度 東経135.7817333度 / 34.8651889; 135.7817333 (久津川丸塚古墳)
形状 帆立貝形古墳
規模 墳丘長80m
高さ9.6m
埋葬施設 不明
出土品 埴輪
築造時期 5世紀前半
史跡 国の史跡「丸塚古墳」
(「久津川古墳群」に包含)
テンプレートを表示

丸塚古墳(まるづかこふん、久津川丸塚古墳)は、京都府城陽市平川車塚にある古墳。形状は帆立貝形古墳久津川古墳群を構成する古墳の1つ。国の史跡に指定されている(史跡「久津川古墳群」のうち)。

概要[編集]

城陽市北部、木津川右岸の丘陵地に築造された古墳である。丘陵一帯では、本古墳や久津川車塚古墳芭蕉塚古墳の大型古墳3基を含む古墳100基以上からなる久津川古墳群の分布が知られる。

墳形は、前方部が短小な帆立貝形の前方後円形[1]。墳丘は後円部が2段築成で、前方部が1段築成[1]。墳丘長は80メートル[1]。墳丘表面では円筒埴輪・朝顔形埴輪・形象埴輪(家形・蓋形・甲冑形埴輪)が検出されており、中でも家形埴輪(5棟以上)のうち1棟は、高さ約1メートルに及ぶ大型のものである[1]。墳丘周囲には墳丘と相似形の周濠が巡らされており、周濠を含めた全長は104メートルに及ぶ[1]。主体部の埋葬施設は未調査のため明らかでない[1]。以上より、築造時期は久津川車塚古墳と同時期の5世紀前半頃と推定される[2]

古墳域は1979年昭和54年)に国の史跡に指定されている[3]

構造[編集]

丸塚古墳の規模は次の通り[1]

  • 古墳総長:104メートル - 周濠を含めた全長。
  • 墳丘長:80メートル
  • 後円部 - 2段築成。
    • 直径:63メートル
    • 高さ:東側で8.3メートル、西側で9.6メートル
  • 前方部 - 1段築成。
    • 長さ:17メートル
    • 幅:32メートル
    • 高さ:約2メートル
  • くびれ部
    • 幅:26.5メートル

文化財[編集]

国の史跡[編集]

  • 丸塚古墳(史跡「久津川古墳群」のうち)
    1979年(昭和54年)1月19日に「久津川車塚・丸塚古墳」として国の史跡に指定[3]
    2016年(平成28年)10月3日、既指定の史跡「久津川車塚・丸塚古墳」に芭蕉塚古墳久世小学校古墳の古墳2基を追加指定して、指定名称を「久津川古墳群」に変更[3][4][5]

関連施設[編集]

  • 五里ごり館(城陽市歴史民俗資料館、城陽市寺田今堀) - 丸塚古墳の出土埴輪等を保管・展示。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g 丸塚古墳説明板。
  2. ^ 「2015年度発掘調査 現地説明会資料」 (PDF) (城陽市教育委員会、2015年) - リンクは有限会社京都平安文化財。
  3. ^ a b c 久津川古墳群 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  4. ^ 「史跡等の指定等について」 (PDF) (文化庁記者発表、2016年6月17日)。
  5. ^ 平成28年10月3日文部科学省告示第144号。

参考文献[編集]

  • 丸塚古墳説明板(城陽市教育委員会設置)
  • 「久津川古墳群」 『日本歴史地名大系 27 京都市の地名』平凡社、1979年。ISBN 4582490271 
  • 久津川車塚-丸塚古墳」 『国指定史跡ガイド』講談社  - リンクは朝日新聞社「コトバンク」。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]