丸丹おかむら

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
丸丹おかむら
Marutan Okamura
店舗概要
所在地 北海道夕張市本町2丁目28番地[1]
開業日 1957年昭和32年)9月[2]
閉業日 1980年(昭和55年)1月[4]
正式名称 丸丹おかむら[1]
商業施設面積 2,436m2[3]

3,174[1]
前身 岡村呉服店[2]
後身 ゆうばりホテルシューパロ
最寄駅 夕張駅
テンプレートを表示
株式会社丸丹おかむら[5]
種類 株式会社[5]
本社所在地 日本の旗 日本
北海道夕張市本町2丁目28番地[5]
設立 1950年(昭和25年)11月28日[5]
事業内容 百貨店の運営[5]
代表者 岡村亀吉[5]

岡村亀吉(二代目、解散時)[要出典]
資本金 900万円[5]

1,800万円(解散時)[要出典]
テンプレートを表示

丸丹おかむら(まるたんおかむら)は、かつて北海道夕張市本町2丁目(本町商店街通り沿い)に存在していた日本の百貨店である[1]

キャッチフレーズは「優れた商品、買い良い店」。

歴史・概要[編集]

木綿製品の専門店「岡村呉服店」として創業したのが始まりである[2]

炭鉱の各地区に世話人をおいて出張販売を手掛けて売上を伸ばし、1948年(昭和24年)5月30日の夕張市本町大火の後の1950年(昭和25年)11月28日に株式会社として法人化した[5]

1957年(昭和32年)9月には3階建て約620坪に店舗を増改築し、同年11月に「丸丹おかむら」として「百貨店法」に基づく百貨店となった[2]

日本百貨店協会に加盟する[4]空知地方で唯一つの百貨店として営業し[2]1965年(昭和40年)には売場面積2,436m2で売上高6.0億円を上げるまでに成長した[3]

当店の立地する夕張市は、基幹産業であった石炭産業の最盛期には24の炭鉱が採掘を行い、1960年(昭和35年)には人口約11万人を抱えていた[6]

しかし、石炭産業の斜陽化で閉山などが相次いで人口が約3分の1に減少する急速な過疎化が生じ[2]1980年(昭和55年)には41,715人となった[7]

そのため、当店は1980年(昭和55年)1月に閉店し、百貨店としての歴史に終止符を打った[4]

本店跡地は夕張振興公社へ売却され[要出典]、同地には1986年(昭和61年)にゆうばりホテルシューパロが開業した[8]

法人としての株式会社丸丹おかむらは、その後も存続し、夕張市立病院(旧夕張炭鉱病院、現夕張医療センター)の食堂部門を受託経営していたが、外来・入院患者の減少で閉店、法人も解散された[要出典]

沿革[編集]

  • 1918年(大正7年)6月 - 岡村呉服店創業(個人経営)[要出典]
  • 1950年(昭和25年)11月28日 - 株式会社として法人化[5]
  • 1957年(昭和32年)
    • 9月 - 店舗建物を3階建て約620坪に増改築[2]
    • 11月 - 「丸丹おかむら」として「百貨店法」に基づく百貨店となる[2]
  • 1960年(昭和35年) - 包装紙デザインについて、「活気に満ちた心」「石炭のシンボライズ化」を込めた三角柄と、「信用」「厳選された商品を包み込むのに相応しい安らぎ」を与える藤色基調の組み合わせを採用。
  • 1980年(昭和55年)1月 - 閉店[4]
  • 1986年(昭和61年) - 跡地にゆうばりホテルシューパロが開業[8]
  • 1989年(平成元年)12月3日 - 解散[要出典]

主なフロア構成[編集]

フロア概要
5F 食堂「丹頂グリル」・事務所[要出典]
4F 家具[要出典]
3F 婦人服・和服・ギャラリー・喫茶「人々」[要出典]
2F 紳士服・レコード[要出典]
1F 食品・靴・鞄・雑貨・日本旅行会[要出典]

主催された催し物・イベント[編集]

  • 全道川柳作家色紙短冊展[2]
  • 世界の爬虫類展[要出典]

その他[編集]

  • シンボルマークでは「○丹」と表記されていた。[要出典]
  • 2階から上の外壁は、ガラス窓で覆われていた。[要出典]
  • 各階フロアへの往来手段はエスカレーター(3階まで)と階段のみ。当時、夕張市内でエスカレーター設備が設置されていたのは、当百貨店が唯一であった。[要出典]
  • 4階を含む全ての階が往来可能な従業員専用エレベーターが別途設けられていた。[要出典]
  • 傾斜地に立地していたため、4階から外に出る出口があった。[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『日本商業年鑑 1972年版』 商業界、1972年。
  2. ^ a b c d e f g h i 夕張史編さん委員会 『夕張市史 下巻』 夕張市役所、1981年3月31日。
  3. ^ a b デパート新聞社編 『全国百貨店年鑑 昭和42年版』 デパート新聞社、1967年。
  4. ^ a b c d 『昭和55年 日本百貨店協会統計年報』 日本百貨店協会、1980年。
  5. ^ a b c d e f g h i 『会社総鑑 1961年版』 日本経済新聞社、1961年。
  6. ^ 横井正浩(2006年8月29日). “夕張よ 盛衰の軌跡 1 炭鉱から観光へ 「積極路線」が病巣に”. 北海道新聞 (北海道新聞社)
  7. ^ 『昭和55年国勢調査解説シリーズ 北海道』 総理府統計局、1982年2月。
  8. ^ a b 河西邦人 “地域経営における第三セクター活用戦略の失敗”. 札幌学院商経論集 第23巻第2号 (札幌学院大学商学会・経済学会) (2006年11月)

関連書籍[編集]

解説書[編集]

写真集[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]