中院通氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
中院通氏
時代 南北朝時代
生誕 正平2年/貞和3年(1347年
死没 応永2年7月6日1395年7月23日
改名 通治→通氏
官位 正二位権大納言
主君 後光厳天皇後円融天皇後小松天皇
氏族 中院家
父母 父:中院通冬、母:少将内侍
兄弟 通氏通敏禅守
万里小路仲房の娘
通守
テンプレートを表示

中院 通氏(なかのいん みちうじ)は、南北朝時代公卿大納言中院通冬の子。官位正二位権大納言中院家7代当主。

経歴[編集]

中院通冬の子として誕生。母は少将内侍。

貞治4年(1365年)12月30日、参議に任ぜられる。右中将は元の如し。貞治5年(1366年)1月5日、従四位上に昇叙。12月7日、正四位下に昇叙。貞治6年1367年)2月13日、備前権守を兼ねる。応安元年(1368年)4月19日、従三位に叙される。応安3年(1370年)11月19日、権中納言に任ぜられる。

応安5年(1372年)4月18日、正三位に昇叙。永和3年(1377年)4月12日、従二位に昇叙。至徳2年(1385年)1月6日、正二位に昇叙。明徳元年(1390年)4月1日、母の喪に服すため権中納言を辞したが、14日には還任し12月24日には権大納言に任ぜられる。

応永2年(1395年)7月6日、薨去。

中院家不遇の時代[編集]

父・通冬が一時南朝に参じたことなどの影響もあり、通氏の時代になると中院家は不遇をかこつことになった。通氏は権中納言在任が20年に及び、その間は何の兼官もなかった。万里小路家から妻を迎えたことは、少しでも足利将軍家に接近しようと考えたためと推測される。 何とか中院家が復権してくるのは、中院家出身としては久しぶりに従一位に叙せられた孫の通淳の時代になってからである。

参考文献[編集]