中院通時

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
中院通時
時代 鎌倉時代後期
生誕 文永10年(1273年
死没 不明
官位 正二位権中納言
主君 亀山天皇後宇多天皇伏見天皇後伏見天皇後二条天皇花園天皇
氏族 村上源氏中院家
父母 父:中院通頼、母:姉小路顕朝
兄弟 通重通時鷹司冬平正室
テンプレートを表示

中院 通時(なかのいん みちとき)は、鎌倉時代後期の公卿官位正二位権中納言

准大臣中院通頼の二男。母は権大納言姉小路顕朝の娘。中院通重の同母弟。

経歴[編集]

以下、『公卿補任』と『尊卑分脈』の内容に従って記述する。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 本家賞。
  2. ^ 朝観行幸の日。
  3. ^ 同年10月1日、父・通頼が従一位に叙され16日には准大臣宣旨が下った。

参考文献[編集]