中野隆司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中野 隆司
なかの りゅうじ
生年月日 (1957-02-06) 1957年2月6日(63歳)
出生地 大阪府柏原市
出身校 鳥取大学農学部
所属政党民主党→)
大阪維新の会

当選回数 1回
在任期間 2013年3月11日 - 2017年3月10日

選挙区 柏原市選挙区
当選回数 2回
在任期間 2007年4月30日 - 2012年
テンプレートを表示

中野 隆司(なかの りゅうじ、1957年2月6日 - )は、日本政治家教諭。元大阪府柏原市長(1期)、元大阪府議会議員(2期)。

来歴[編集]

大阪府柏原市出身。1981年(昭和56年)3月、鳥取大学農学部卒業。大阪府立富田林高等学校の講師を務めた後、1983年(昭和58年)から2005年(平成17年)まで八尾市や柏原市の中学校で理科(年度によっては社会、英語等)の教諭を務めた[1]

2007年(平成19年)の大阪府議会議員選挙に民主党公認で出馬し初当選した[2]。2011年(平成23年)の府議選では大阪維新の会に乗り換え再選[3]。2012年(平成24年)、府議を辞職。

2013年(平成25年)2月10日に行われた柏原市長選挙に大阪維新の会公認で出馬し初当選した。投票率は45.31%だった[4]。3月11日、市長就任。

2015年(平成27年)9月、自身の妻ではない複数の女性との交際疑惑が週刊誌などで報道される。7月と8月にそれぞれ別の女性と大阪市内のホテルなどにいたことが記者の追跡で判明した[5]。同年9月14日、柏原市議会はこれを受けて、中野に対する問責決議案を全会一致で可決した[6]。9月15日、中野は大阪維新の会の顧問を辞任。11月24日、市民グループはリコールの署名活動を開始した(署名が規定数に達せず12月23日に市民グループはリコールを断念した[7])。

2017年(平成29年)2月12日の柏原市長選挙には出馬せず引退した[8]

脚注[編集]

[脚注の使い方]


先代:
岡本泰明
Flag of Kashiwara Osaka.svg 大阪府柏原市長
2013年 - 2017年
次代:
冨宅正浩