中野逍遙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中野 逍遥(なかの しょうよう、慶応3年2月11日1867年3月16日) - 明治27年(1894年11月16日)は日本の漢詩人。本名は重太郎。字(あざな)は威卿。別号に狂骨子など。

略歴[編集]

1867年(慶応3年)2月21日、伊予国宇和島賀古町(現・愛媛県宇和島市)に生まれ、1899年明治2年)第一高等中学校本科一部(文科)第二年(三之組)に進級した[1][2]。同級生に夏目漱石正岡子規がいた[1][2]。1894年(明治17年)11月16日午前9時、東京の山龍堂病院で死去した[1]。享年28歳[2]。没後の1895年(明治28年)11月16日、『逍遙遺稿』(正外二編)と題して500部発行された[1]。巻末雑録には大和田建樹・正岡子規・佐々木信綱らの追悼文を載せた[2]

逍遙の漢詩は自身の恋を題材にした点が特徴であり[1]、制約の多い漢詩に恋愛感情を自由奔放に歌いこむ詩風は、島崎藤村吉井勇らにも影響を与えている。また、漢詩や未完小説『慈涙余滴』には李白杜甫の影響が見られる[3]

宇和島市の和霊公園に、下記の詩の碑がある[2]。なお忌日は川崎宏によって「山茶花忌」と命名された[要出典]

道情
擲我百年命  我が百年の命を擲ち
換君一片情  君が一片の情に換へん
仙階人不見  仙階人見えず
唯聴玉琴声  唯だ玉琴の声を聴く

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 森博行「中野逍遥小論 : 逍遥における邵雍」『大阪大谷大学紀要』第46巻、大阪大谷大学志学会、2012年2月、 1-15頁。
  2. ^ a b c d e 市指定 中野逍遥の墓 - 宇和島市ホームページ”. www.city.uwajima.ehime.jp. 2020年7月13日閲覧。
  3. ^ 堀誠「中野逍遙詩篇・小説考」『国文学研究』第189巻、早稲田大学国文学会、2019年10月、 72-85頁。

関連書籍[編集]

  • 『訳文 逍遥遺稿 附原文』 笹川臨風・金築松桂訳・校訂、岩波文庫、1929年、新版復刊1994年
  • 『中野逍遙の詩とその生涯-夭折の浪漫詩人』愛媛県文化振興財団(執筆担当は川崎宏)
  • 新日本古典文学大系明治編2 漢詩文集』杉下元明校注、岩波書店、2004年
  • 二宮俊博「明治の漢詩人 中野逍遥とその周辺」知泉書館、2009年
  • 『逍遙遺稿 明治の青春と狂熱 漢詩人・中野逍遙』 川九洸・竹屋敷康誠編著、明星印刷工業、2012年