中野貫一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
なかの かんいち
中野 貫一
Kanichi Nakano.jpg
生誕弘平
1846年10月27日
越後国金津村
死没 (1928-02-25) 1928年2月25日(81歳没)
著名な実績油田開発
子供中野忠太郎中野信吾

中野 貫一(なかの かんいち、1846年10月27日(弘化3年9月8日) - 1928年(昭和3年)2月25日[1])は、日本石油王。目黒雅叙園の資金は彼によるとの話もある[2]。長男は数寄者中野忠太郎。中野家は新潟県新津油田を中心に発展した。

経歴[編集]

貫一は7歳の時から7年間、新潟県医学会の先駆者といわれた本多文明・敬斎父子の家塾で学び[3]、父の死後、14歳にて庄屋職を継ぎ公務を努める。1873年明治6年)、「日本坑法」が公布されるとただちに新潟県庁に石油試掘を出願。許可を得て採掘をはじめ、翌年、少量の発掘に成功。1903年、商業規模の油田を掘り当てる。1910年の最盛期には新津油田は年産高約17万klに達し、名実とも日本一になった[1]1911年から帝国議会衆議院議員憲政会)。1918年に中野財団を設立、教育や社会福祉事業を始める。号は鶴堂。

現在、採油一帯は「石油の里」[4]として整備され、1997年からは邸宅及び庭園が中野邸美術館として開放されている。

注釈[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 中野貫一 - ニイガタカラ.Net
  2. ^ レファレンス事例詳細
  3. ^ 日本の石油王 「中野貫一ものがたり」 - 石油の世界館
  4. ^ 石油の里 - 新潟市秋葉区

参考文献[編集]

  • 石油王中野貫一ものがたり(1988年、新潟日報事業社)ISBN 4888623406
  • 内藤隆夫(2010年3月11日)「明治後期~昭和初期における中野家の原油採掘業と原油販売」

外部リンク[編集]