中野民夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
なかの たみお
中野 民夫
生誕 (1957-06-24) 1957年6月24日(60歳)
日本の旗 日本 東京都
出身校 東京大学
職業 大学教授

中野 民夫(なかの たみお、1957年 - )は、東京工業大学リベラルアーツ研究教育院の教授。ワークショップ企画プロデューサー。元博報堂社員、同志社大学大学院総合政策科学研究科ソーシャル・イノベーション・コースおよび政策学部教授を経て現職。カリフォルニア統合学研究所(CIIS)組織変革学修士。ビーネイチャースクール「ファシリテーション講座」監修。ワークショップの企画実施や、ファシリテーションの実践や普及活動によって知られる。また斬新な試みとして大教室における、学生主体の参加型授業を実践している。

人物[編集]

1957年、東京都に生まれる。祖父は政治家の中野正剛。1976年、麻布高等学校卒業。1982年東京大学文学部宗教学科を卒業。学生時代のインドなどへの一人旅から、一転して広告代理店の博報堂に就職。大阪での営業職等を経て、1989年に休職しカリフォルニア統合学研究所(CIIS) で組織開発・変革や、平和や環境に関するワークショップについて学ぶ。復職後、社内では人材開発を経てコーポレート・コミュニケーション分野で社会テーマ系業務やビジョン構築・組織活性化などのワークショップを担当。[1]2005年の愛・地球博では、NPO/NGOが参加する地球市民村を事業受託側としてプロデュースした。[2]その傍ら、個人として環境・平和などの市民活動、社会教育や学校教育などの分野で人と人、人と自然、人と自分自身をつなぎ直すワークショップを企画、実施。明治大学聖心女子大学などの兼任講師を経て、立教大学大学院の兼任講師や、公益社団法人日本環境教育フォーラム理事、日本トランスパーソナル学会理事なども務めている。 2012年博報堂を退職、同志社大学大学院総合政策科学研究科ソーシャル・イノベーション・コースおよび政策学部教授を経て、2015年秋より現職につく。

著作[編集]

単著[編集]

  • 『ワークショップ 新しい学びと創造の場』 岩波書店(岩波新書)、2001年
  • 『ファシリテーション革命 参加型の場づくりの技法』 岩波書店(岩波アクティブ新書)、2003年
  • 『みんなの楽しい修行 より納得できる人生と社会のために』 春秋社、2014年

共著[編集]

  • 『岩波講座現代社会学7<聖なるもの/呪われたもの>の社会学』 岩波書店、1996年
  • 『自分という自然に出会う』(編著) 講談社、2003年
  • 『ホリスティック教育ガイドブック』(ホリスティック教育協会編) せせらぎ出版、2003年
  • 『ピースフルな子どもたち 戦争・暴力・いじめを越えて』(ホリスティック教育協会編) せせらぎ出版、2004年
  • 『ファシリテーション 実践から学ぶスキルとこころ』(ビーネイチャー・スクール講師陣共著) 岩波書店、2009年
  • 『対話する力 ファシリテーター23の問い』(堀公俊共著) 日経出版社、2009年
  • 『持続可能な教育と文化―深化する環太平洋のESD』(ホリスティック教育協会編) せせらぎ出版、2009年

共訳[編集]

  • 『地球の声を聴く』(アルネ・ネス他著、星川淳監訳) ほんの木、1993年
  • 『世界は恋人 世界はわたし』(ジョアンナ・メイシー著、星川淳監訳) 筑摩書房、1993年
  • 『マインドフルの奇跡』(ティク・ナット・ハン著、仙田典子監訳) 渓声社、1995年

脚注[編集]

  1. ^ 中野民夫『ワークショップ 新しい学びと創造の場』 岩波書店(岩波新書)、2001年、85頁。
  2. ^ 万博史上初めてNPO/NGOが集う 愛・地球博の「地球市民村」文化環境研究所、2004年6月1日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]