中野敏男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中野 敏男(なかの としお、1950年9月 - )は、日本社会学者。専門は、歴史社会学倫理学、社会思想史。 東京外国語大学名誉教授博士(文学)

学歴[編集]

職歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

共編著[編集]

  • 岩崎稔大川正彦李孝徳)『継続する植民地主義――ジェンダー/民族/人種/階級』(青弓社, 2005年)
  • 波平恒男屋嘉比収・李孝徳)『沖縄の占領と日本の復興――植民地主義はいかに継続したか』(青弓社, 2006年)
  • 金富子)『歴史と責任――「慰安婦」問題と1990年代』(青弓社, 2008年)

訳書[編集]