コンテンツにスキップ

中野幹士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中野 幹士(なかの みきと、1995年7月14日 - )は、日本プロボクサー大阪府大阪市出身。帝拳ボクシングジム所属。

中野 幹士
基本情報
本名 中野 幹士
通称 マノス・デ・アセロ(鉄の拳)[1]
階級 フェザー級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1995-07-14) 1995年7月14日(28歳)
出身地 大阪府大阪市
スタイルボクサーファイター
プロボクシング戦績
総試合数 5
勝ち 5
KO勝ち 4
敗け 0
テンプレートを表示
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 ボクシング
台北市杯
2014 台湾 フライ級

来歴[編集]

小学6年生からボクシングを始める。竹台高校時代、高校3冠を達成した[2]

竹台高校卒業後、東京農業大学に進学[3][4]2014年、「第4回台北市カップ国際ボクシングトーナメント」フライ級では日本代表として優勝を果たした[5]

2018年9月、プロテストに合格[6]

2018年10月6日のプロデビュー戦はKO勝利[7]

2019年11月2日、後楽園ホールOPBF東洋太平洋フェザー級12位のKJナトゥプラグと対戦し、3回18秒TKO勝ちを収めた[8]

2020年12月5日、後楽園ホールで佐伯瑠壱斗と対戦。3回にプロ初のダウンを喫するも、8回3-0(78-73×3)で判定勝ちを収めた[9]

戦績[編集]

  • アマチュア - 77戦68勝9敗
  • プロ - 5戦5勝(4KO)
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2018年10月6日 勝利 2R 1:49 KO タナワット・ヤンチャロエン タイ王国の旗 タイ プロデビュー戦
2 2019年2月2日 勝利 1R 1:39 KO エカラック・ラップラコーン タイ王国の旗 タイ
3 2019年7月6日 勝利 2R 1:35 KO アルビン・ユロング フィリピンの旗 フィリピン
4 2019年11月2日 勝利 3R 0:18 TKO ケージェー・ナタプラグ フィリピンの旗 フィリピン
5 2020年12月5日 勝利 8R 判定3-0 佐伯瑠壱斗(岐阜ヨコゼキ) 日本の旗 日本
テンプレート

獲得タイトル[編集]

アマチュア

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 選手プロフィール - 帝拳プロモーション
  • 公益財団法人江副記念リクルート財団 中野 幹士
  • 中野幹士 (@BoxingMikito) - X(旧Twitter)
  • 中野幹士 (@mikito_nakano) - Instagram