中野宗助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中野 宗助(なかの そうすけ、1885年明治18年)7月20日[1] - 1963年昭和38年)3月2日[1])は、日本剣道家。段位範士十段流派鉄仲流[2]

経歴[編集]

1885年(明治18年)、福岡県に生まれる[注 1]。彼の生家は貧しかったが、故郷筑後国田主丸(現久留米市田主丸町)に道場を構え、地元青少年に剣道を指南していた剣道家にして教育者、吉瀬善五郎(きちぜ・ぜんごろう)が道場主を務める武徳館(現在、田主丸町大字豊城の武徳館跡地には記念碑が建立されている)に幼くして入門し、師吉瀬善五郎の指導の下で厳しい修練を積み、剣道家としてその才能を大きく開花させた。 吉瀬家との交流は、師善五郎の没後も、自らの死の時まで続く。

1898年(明治31年)、長崎県高尾鉄叟(鉄仲流)に入門。

行余学舎を卒業後、大日本武徳会武術教員養成所を卒業。

1906年(明治39年)、大日本武徳会本部剣道科助手に就任。

1908年(明治41年)、京都府警察部剣道師範に就任。

1910年(明治43年)、大日本武徳会から剣道精錬証を授与される。

1911年(明治44年)、大日本武徳会武道専門学校助教授に就任。

1916年大正5年)、剣道教士に昇進。

1927年(昭和2年)、剣道範士に昇進。

1929年(昭和4年)、御大礼記念天覧武道大会指定選士の部に出場。橋本統陽を破ったが堀田徳次郎植田平太郎に敗れリーグ戦敗退した。

1931年(昭和6年)、朝鮮総督府警務局剣道師範に就任。

1934年(昭和9年)、皇太子殿下御誕生奉祝天覧武道大会特選試合に出場し、斎村五郎との試合を披露。

1940年(昭和15年)、紀元二千六百年奉祝天覧武道大会特選試合に出場し、持田盛二との試合を披露。

太平洋戦争後、警察や高校の剣道師範を歴任する。

1957年(昭和32年)、全日本剣道連盟から剣道十段を授与される。

1963年(昭和38年)、死去。享年77。

現在、中野宗助の記念碑が田主丸町田主丸の來光寺(真宗大谷派)境内に建つ。その碑銘は、彼にとって終生の好敵手であり続けた、同じ福岡県人でもある斎村五郎(さいむら・ごろう)十段の揮毫による。

中野宗助は、同寺の吉瀬家墓地に隣接する、中野家累代墓に眠っている。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『剣道事典 技術と文化の歴史』361頁では長崎市生まれ。

出典[編集]

  1. ^ a b 『剣道事典 技術と文化の歴史』361頁。
  2. ^ 剣道家写真名鑑』27頁、大正13年

参考文献[編集]