中野城 (出羽国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中野城跡(山形市中野)

中野城(なかのじょう)は、山形県山形市にあった日本

概要[編集]

中野城は、室町時代から江戸時代初期にかけて存在した城である。

延文元年(1356年出羽南朝勢力に対抗するため斯波兼頼陸奥国から下向し、最上郡を中心に勢力を広げる。3代最上満直の子中野満基が初めて中野に館を築いた。その後拡張され、最終的には東324メートル、西360メートル、南200メートル、北300メートルの堀と石垣に囲まれていた[1]。堀幅は5メートルから10メートル。東西南北に門があり、南門が大手口である。西の堀のすぐ西側を逆川(さかさがわ)が流れていた。また、北東には寺院(雲祥院:最上義定菩提寺)が配されている。

天正2年(1574年)より最上義守義光父子による天正最上の乱が勃発すると、中野城は義守方の有力な城として兵を繰り出し、義光と江俣で戦ったという。乱の終結後義守が隠居すると、義光の下で直轄領となった。 中野義時[2]が中野城に依り、兄の義光によって攻め滅ぼされたという後世の説話もあるが、同時代の史料には中野城が攻められたとの記述は見られない。

元和8年(1622年)最上氏が改易されると、中野城は廃城となった。

なお、現在では城は完全に消滅し、跡地に建つ大郷小学校敷地に石碑が立っている。

歴代城主[編集]

歴代中野城主別説[編集]

最上氏直轄

 最上氏直轄

脚注[編集]

  1. ^ 『山形県中世城館遺跡調査報告書第2集(村山地区)』p.45
  2. ^ 実在しなかったとする説がある。

出典[編集]

  • 山形県教育委員会 『山形県中世城館遺跡調査報告書第2集(村山地区)』、1996
  • 北天の巨星 最上義光
  • 陸奥・出羽 斯波・最上一族
  • 奥羽斯波氏諸列記
  • 山形市史

関連項目[編集]