中野博 (ボクサー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中野 博
基本情報
本名 中野 博
階級 フライ級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1974-10-18) 1974年10月18日(43歳)
出身地 愛知県海部郡佐屋町(現:愛西市)
スタイル 左ボクサータイプ
プロボクシング戦績
総試合数 24
勝ち 21
KO勝ち 12
敗け 3
テンプレートを表示

中野 博(なかの ひろし、1974年10月18日 - )は、日本の元プロボクサー。第48代ボクシング日本フライ級チャンピオン、第28代OPBF東洋太平洋フライ級チャンピオン。

現在は、岡崎市津島市にあるボクシングジム「HIROSHI BOXING GYM」の会長を務める。

現役時代は、畑中ボクシングジムに所属。入場曲は、B-NINJAH&AK-69の「RED HOT FIGHTER」。

経歴[編集]

  • 技巧派で知られるも、拳を痛め世界挑戦が遠のき引退まで世界戦を行えない不運があった。開業間もない畑中清詞のジムに入門し、ジム初の東洋チャンピオンに輝く。同時期入門の杉田竜平も日本王者になり、畑中ジムの二枚看板と呼ばれ、「魂の箱-あるボクシングジムの闘い」(平山譲著)で取り上げられている。
  • 1996年12月21日スーパーフライ級で2RKOで勝利し、プロデビューを飾る。
  • 1997年12月20日、第44回全日本スーパーフライ級新人王決定戦に西日本王者として挑戦。東日本王者川嶋勝重を6R判定で下し全日本新人王(MVP)に輝く。
  • 1999年11月23日、12戦12勝の戦績でOPBF東洋太平洋フライ級王座メルビン・マグラモ(フィリピン)に挑戦し12R判定で戴冠。
  • 2002年7月5日、後のOPBF東洋太平洋ライトフライ級王者姜必求(韓国)や前王者マグラモなどを退け5回防衛した東洋王座を返上(後の東洋フライ級王者ワンミーチョーク・シンワンチャーをノンタイトル戦で下している)。1度目の防衛時に左拳を骨折し7ヶ月試合ができなくなるなど度重なる負傷の治療に専念する為であった。
  • 2004年2月8日チャンピオン・カーニバル坂田健史が返上し空位となった、日本フライ級王座王座決定戦を小山晃司と争い、6R負傷判定で勝利し戴冠。
  • 2004年6月6日、防衛戦を内藤大助と行うも、初回にダウン、その後も内藤の強打を浴び続け6Rには偶然のバッティングが原因で負傷判定となり、初敗北とタイトルを失う。
  • 2005年10月10日、ロセリト・カンパナ(元PABA暫定王者)に6R負傷判定で敗れ7月10日のエリック・バルセロナに4RTKO負けとあわせ2連敗を喫す。この試合を最後に2006年7月17日引退記念試合を名古屋国際会議場で行い引退

戦績[編集]

プロボクシング: 24戦 21勝 12KO 3敗

日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 1996年12月21日 勝利 2R KO 山口隆治 日本の旗 日本(安城緑) プロデビュー戦
2 1997年4月13日 勝利 2R KO 熊藪博敦 日本の旗 日本(松田)
3 1997年6月14日 勝利 1R KO 飯田和俊 日本の旗 日本(三津山)
4 1997年10月4日 勝利 4R KO 西口孝義 日本の旗 日本(岐阜ヨコゼキ)
5 1997年11月16日 勝利 6R 判定 山口淳 日本の旗 日本(守口東郷)
6 1997年12月20日 勝利 6R 判定 川嶋勝重 日本の旗 日本(大橋S) 1997年全日本スーパーフライ級新人王決定戦
7 1998年5月10日 勝利 2R KO 森下哲哉 日本の旗 日本(岡崎)
8 1998年9月28日 勝利 1R KO アラン・オライス フィリピンの旗 フィリピン
9 1998年12月23日 勝利 6R 判定 河上哲也 日本の旗 日本(駿河)
10 1999年3月27日 勝利 5R KO 牧谷嘉明 日本の旗 日本(全日本P)
11 1999年7月31日 勝利 5R TKO ザ・武蔵 日本の旗 日本(中日)
12 1999年11月23日 勝利 12R 判定 メルビン・マグラモ フィリピンの旗 フィリピン OPBF東洋太平洋フライ級タイトルマッチ
13 2000年4月2日 勝利 12R 判定 姜必求 大韓民国の旗 韓国 OPBF防衛1
14 2000年11月3日 勝利 10R 負傷判定 メルビン・マグラモ フィリピンの旗 フィリピン(ワタナベ) OPBF防衛2
15 2001年2月25日 勝利 3R 2:04 KO ワンミーチョーク・シンワンチャー タイ王国の旗 タイ ノンタイトルマッチ
16 2001年7月7日 勝利 10R 1:24 TKO 張宇熙 大韓民国の旗 韓国 OPBF防衛3
17 2001年11月4日 勝利 12R 判定3-0 パノムデッド・オーユタナコーン タイ王国の旗 タイ OPBF防衛4
18 2002年6月23日 勝利 12R 判定2-1 アンソニー・ビラモア フィリピンの旗 フィリピン OPBF防衛5/返上
19 2003年7月27日 勝利 3R 2:06 KO カンチット・ギャットゲチャー タイ王国の旗 タイ
20 2004年2月8日 勝利 6R 2:58 負傷判定2-1 小山晃司 日本の旗 日本(天熊丸木) 日本フライ級王座決定戦
21 2004年6月6日 敗北 6R 2:33 負傷判定0-3 内藤大助 日本の旗 日本(宮田) 日本王座陥落
22 2005年2月13日 勝利 7R 2:13 TKO ペッチクローンパイ・ソータイチップ タイ王国の旗 タイ
23 2005年7月10日 敗北 4R 0:37 TKO エリック・バルセロナ フィリピンの旗 フィリピン
24 2005年10月10日 敗北 6R 2:02 負傷判定0-3 ロセリト・カンパナ フィリピンの旗 フィリピン
テンプレート

関連記事[編集]

外部リンク[編集]

前王者
坂田健史
第48代日本フライ級王者

2004年2月8日 - 6月6日

次王者
内藤大助
前王者
メルビン・マグラモ
第28代東洋太平洋フライ級王者

1999年11月23日 - 2002年7月5日

次王者
小松則幸