中野ジロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中野 ジロー(なかの ジロー、1960年昭和35年)1月24日 - )は、日本作家ライターコメンテータージャーナリスト。覚せい剤違法薬物撲滅運動家。愛知県名古屋市出身、埼玉県所沢市在住。社会派漫画家・森哲郎の次男。政治団体「愛心会」会長。妻はAV女優水無潤

来歴[編集]

板橋区立常盤台小学校入学。後に、田無市立田無小学校大田区立山王小学校と転校し、中野区立仲町小学校を卒業(小学3年生から)。中野区立第九中学校卒業。元創価学会男子部班長(牙城会会員)。

暴走族・関東連合中野ブラックエンペラー創立者初代リーダー。元・住吉会幸平一家系組員(旧池田会出身)に28年間所属し、後に除籍という形で正式に離脱。

2005年から物書きの世界に入り、以後、「実話ドキュメント」「実話劇画マッドマックス」「実話時代」などの雑誌に連載を持ち、取材記事、漫画原作も多く手がける。「実話劇画ナックルズ」では取材記事も手がける。

著作[編集]

  • 刑務所くらし(道出版、2005年、後に重版)
  • 刑務所の奇人変人(道出版、2009年)
  • 歌舞伎町チンピラのココロエ(第三書館、2010年)
  • 裏社会 噂の真相(彩図社、2010年、後に文庫化)

連載[編集]

  • 懲役ジローの全国セイハ(月刊実話時代)

外部リンク[編集]