中里重次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中里 重次
Nakazato Shigeji.jpg
生誕 1871年10月12日
山形県
死没 (1946-01-20) 1946年1月20日(74歳没)
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1895年 - 1925年
最終階級 海軍中将
除隊後 北樺太石油社長
テンプレートを表示
右から二人目が連合艦隊司令長官に就任し東京駅を出発する山本五十六を見送る中里(右端は八角三郎

中里 重次(なかざと しげじ、1871年10月12日明治4年8月28日) - 1946年昭和21年)1月20日)は、日本海軍軍人。最終階級は海軍中将

経歴[編集]

山形県出身。中里重威の二男として生れる。山形県中学校攻玉社を経て、1893年12月、海軍兵学校20期)を卒業し、少尉候補生として「葛城」に乗り組み日清戦争に従軍。1895年3月に海軍少尉任官。海軍大学校で乙種学生として学んだ。

その後、「明石」砲術長、海兵教官などを経て、日露戦争では「橋立」砲術長として出征した。「常磐」砲術長、軍令部参謀海軍省軍務局員、イギリス駐在、「阿蘇」副長、軍務局員、軍令部参謀、「春日艦長、「磐手」艦長、軍令部第2班長などを歴任し、1918年12月、海軍少将に進級。さらに、軍需局長を勤め、1922年12月、海軍中将となった。舞鶴要港部司令官などを経て、1925年6月、予備役に編入された。1926年オハ油田北樺太石油会社: Northern Karafuto Oil Consession[1]の初代社長となった。

栄典[編集]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 村上 隆, "北樺太石油コンセッション 1925‐1944", ISBN 4-832-96471-2
  2. ^ 『官報』第1930号「叙任及辞令」1919年1月11日。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。