中部産業連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般社団法人中部産業連盟
Central Japan Industries Association
中産連ビル
中産連ビル 新館
団体種類 一般社団法人
設立 1948年昭和23年)4月1日
所在地 日本の旗 日本
愛知県名古屋市東区白壁町3丁目12-13
北緯35度11分1.1256秒 東経136度54分58.1076秒 / 北緯35.183646000度 東経136.916141000度 / 35.183646000; 136.916141000座標: 北緯35度11分1.1256秒 東経136度54分58.1076秒 / 北緯35.183646000度 東経136.916141000度 / 35.183646000; 136.916141000
法人番号 8180005014573
起源 新産業連盟東海北陸支部
主要人物 歴代会長および役員を参照
主眼 「進むべき道、育むべき道」のために。グローバル経済の変化に対応できるマネジメント専門集団として創造的で現場に裏付けされたマネジメントシステムや心と技を兼ね備えた人材育成をテーマとしたコンサルティング、教育訓練・研究会など企業経営と人づくりの支援を実践している。
活動内容 コンサルティングによる経営革新
セミナーによる人材育成
独自事業による時代対応
会員サービス
会員数 800社
ウェブサイト https://www.chusanren.or.jp/
テンプレートを表示

一般社団法人 中部産業連盟(ちゅうぶさんぎょうれんめい、: Central Japan Industries Association )は、日本の愛知県名古屋市東区に本拠地を置く、グローバルに事業活動を展開する全国ベースのマネジメント専門団体である。略称は中産連(ちゅうさんれん、: Chusanren )。

概要[編集]

中部産業連盟(略称・中産連)は1948年、経済産業省(旧商工省)所管の公益法人として設立され、その前身である新産業連盟が掲げた産業界の復興・発展という大志を受け継ぎ、明日のマネジメントに関わる提案、事業を通じた企業経営の支援を使命に掲げた。そして、日本がモノづくり立国の道を駆けるなかで中産連は、グローバルに事業活動を展開する全国ベースのマネジメント専門団体として発展。2012年には法令改正に基づいて一般社団法人に改組し、支援活動の幅をより一層広げている。

2018年、創立70周年を迎えた中産連は、約800社の企業・団体が会員として参加している。戦後70年、日本のモノづくりの成長は世界が刮目するところだったが、明日からのモノづくりは日本が未体験のフェーズになるかもしれない。そんな危機感を持って中産連は、改めて自らの姿勢と役割を問い直し、次代を見据えた活動方針と新たな事業を立ち上げ、企業経営と活動を徹底してサポートしていく覚悟を決めている。事業目的である「企業の経営に関する調査、研究、診断、指導及びその普及を行う」ことを創造的に行うため、「新しいマネジメント専門集団」として資源を結集。国際化、専門化、ネットワーク化を図り、●研究 開発事業、●コンサルティング事業、●人材育成事業、●官学・他団体・学会との連携支援事業など活動領域を拡大し、日本企業が抱える課題の解決を通じて広く産業界、企業に貢献している。[1]

沿革[編集]

歴代会長[編集]

代数 氏名 在任期間
初代 加藤澄蔵 1948年 - 1950年
2代 古池信三 1950年 - 1963年
3代 村岡嘉六 1963年 - 1974年
4代 永井嘉吉 1974年 - 1984年
5代 薦田国雄 1984年 - 1994年
6代 内藤明人 1994年 - 2006年
7代 池渕浩介 2006年 - 2012年
8代 平野幸久 2012年 -

役員[編集]

2019年7月1日現在[4]

  • 名誉会長
  • 会長
  • 副会長
  • 専務理事(常勤)
    • 小川勝美 - 一般社団法人中部産業連盟
  • 常勤理事
    • 福山 穣 - 一般社団法人中部産業連盟 人材サービス事業部長
    • 小坂信之 - 一般社団法人中部産業連盟 東京事業部長
    • 三木素直 - 一般社団法人中部産業連盟 コンサルティング事業部長

主な活動[編集]

  • コンサルティング 全社改革、人材管理・働き方改革、マーケティング・販売、生産、物流、情報システム、グローバル化、各種マネジメントシステム構築 海外協力
  • セミナー 階層別研修、開発設計研修、生産部門研修、グローバル人財・貿易研修、営業部門研修、ビジネススキル研修、財務・経理/法務・人事労務研修、人材開発・管理部門研修、メンタルヘルス研修、ISO/VDA関連、特別プロジェク。企業内研修
  • 独自事業 日本経営管理標準(JMS)、トヨタ生産システム研究会(TPS)、ビジュアル・マネジメント賞(VM賞)、次世代経営者育成(木曽駒塾)、経営後継者育成アカデミー(JEA)、総合人材サービス事業(Human Laboratory)、海外洋上研修事業(中産連・創造の船)、Chusanren Assessment Program(CAP-人材アセスメント)、自律型社員育成(職場力)、ネクスト・イノベーション・テクノロジーフェア(産業展) Pマーク審査センター(審査認証事業)、環境パートナーシップ・CLUB(EPOC)、日本中部産業連盟北京代表処(北京事務所)、食品安全マネジメントシステム規格JSF-A/B監査機関[5](HACCP制度化対応)
  • 会員サービス マネジメント情報誌・機関誌の発行、中産連年次コンサルタント論文発表会、会員懇話会の実施、経営・法律相談、他

脚注[編集]

  1. ^ 中部産業連盟. “団体紹介”. 2020年3月12日閲覧。
  2. ^ 中部産業連盟. “あゆみ”. 2020年3月12日閲覧。
  3. ^ 中部品質管理協会. “協会沿革”. 2020年3月12日閲覧。
  4. ^ 中部産業連盟. “役員名簿”. 2020年3月12日閲覧。
  5. ^ 一般財団法人 食品安全マネジメント協会. “監査会社一覧”. 2020年3月12日閲覧。
[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]