中部横貫公路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
谷関
太魯閣牌楼
中部横貫公路

中部横貫公路(ちゅうぶよこかんこうろ)は、台湾の中央部を東西に横断する唯一の自動車道である。一般には「中横公路」と呼ばれる。

前身は日本統治時代の1914年に建設された「理蕃道路」である。台中市東勢区東勢大橋を起点とし、谷関青山 [要曖昧さ回避]徳基梨山大禹嶺関原天祥太魯閣・峡口(太魯閣牌楼)などを経て花蓮県秀林郷太魯閣大橋に至る、全長約192.78kmの省道である。

計画段階では「東西横貫公路」と呼ばれていたが、開通後は「省道台8線」の呼称が定着している。1960年5月9日に全線開通し、現在に至っている。

参考文献[編集]