中込重明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

中込 重明(なかごみ しげあき、1965年4月21日 - 2004年4月30日)は、近世・近代文学研究者。博士(文学)。専門は落語、講談。諸芸懇話会会員。

人物[編集]

東京都府中市出身。法政大学国文科卒、同大学院博士課程修了。法政大学非常勤講師などをしながら、落語・講談について優れた研究を数多く発表、古今東西の文芸に通暁し、多くの源泉研究を行った。国際日本文化研究センター共同研究員も務めたが、脳腫瘍に冒され、2003年6月から入院生活となる。

2004年3月、博士論文「落語の原話研究」の審査を病床で行い、博士号を取得。延広真治の尽力で同年4月と6月に二冊の著書を刊行するが、二冊目の刊行をまたずして死去。

また、師事した松田修の晩年の不自由さを手助けし、『松田修著作集』全巻の解題も手がけた。

著書[編集]

単著[編集]

  • 明治文芸と薔薇 話芸への通路 右文書院、2004年
  • 落語の種あかし 岩波書店、2004年

共著[編集]

  • 落語の鑑賞201 二村文人,中込重明著,延広真治編 新書館、2002年

監修[編集]

  • 落語で読み解く「お江戸」の事情 青春出版社、2003年(プレイブックスインテリジェンス)

校訂[編集]

参考文献[編集]

  • 法政大学大学院日本文学専攻研究誌「日本文学論叢」2005年3月(中込重明追悼特集)