中西秀長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中西 秀長(なかにし ひでなが、生年不詳 - 慶安3年8月11日1650年9月6日))は、江戸時代初期の薩摩藩武士は秀長。通称は弥兵衛、長門守。猿楽の名人。近江国小幡村の領主の子孫である小幡弥兵衛宗以の子。は秀長。12歳の時に豊臣秀次に奉仕し、浪人して上京して呉服商となり、家号を虎屋と称す。慶長年中は虎屋または小幡氏を称す。薩摩藩に移って後も、しばらく「虎屋」を称していたため、かつて中西秀長の屋敷のあった通りに「虎屋の馬場」という名がついた。

のちに猿楽の名人であるが故に、島津忠恒に300石で仕官す。のちに1000石となる。征夷大将軍徳川家光の薩摩藩桜田藩邸御成の際は猿楽を披露する。また、薩摩藩に金春八郎大夫厳達、大坂本願寺坊官下間少進法印に伝わる謡曲や舞踊を伝え、島津忠恒に猿楽を伝授した。

また禁裏より参内を命じられ、正六位、長門守を叙される。寛永年間に中西に改姓する。

墓は浄土宗知恩院の末寺、不断光院。法号は久遠院円日大居士。墓所から宗旨は浄土宗と思われる。また、息子は中西分右衛門(初め、弥左衛門。墓は父に同じ)、中西長門右衛門秀乗(墓は福昌寺)。子孫は代々、猿楽を世襲する。

年譜[編集]

  • 慶長7年;島津忠恒に仕官。
  • 慶長9年;禁裏より正六位、長門守を叙される。
  • 元和6年;加増されて1000石となる。
  • 寛永7年4月8日;徳川家光が薩摩藩桜田藩邸に御成となり、猿楽を披露す。
  • 寛永13年;この年作成の「薩州鹿児島衆中屋敷御検地帳」によると、『新堀の上』に『中屋敷 3620分 中西長門守殿』とある。鎌田出雲守政統の屋敷が近くにあった。

参考文献[編集]

  • 上野尭史「鹿児島士人名抄録」高城書房
  • 「鹿児島県史料 旧記雑録後編4」