中華電影公司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中華電影から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
中華電影股份有限公司
China Film Company, Limited.
種類 股份有限公司
市場情報 消滅
略称 中華電影、華影
設立 1939年6月27日
業種 商社
事業内容 映画の製作・配給
代表者 褚民誼
川喜多長政
主要株主 汪兆銘政権
満洲映画協会
テンプレートを表示

中華電影股份有限公司(ちゅうかでんえいふんこゆうげんこうし)は、かつて中華民国上海(現在の中華人民共和国上海市)に存在した国策映画会社である。一般には中華電影公司(ちゅうかでんえいこうし)と呼ばれ[1]中華電影(ちゅうかでんえい)、華影(かえい)と略す。1939年(昭和14年)設立、1943年(昭和18年)からは合併して中華聯合電影公司(ちゅうかれんごうでんえいこうし)。

略歴・概要[編集]

1939年(昭和14年)6月27日、上海に設立される。汪兆銘政権が50%、満洲映画協会が25%、残りの25%は日本の民間映画会社による投資組合が出資した。董事長(代表)は褚民誼、副董事長として日本から送り込まれたのは東和商事(現在の東宝東和)の川喜多長政であった[2]。川喜多は経営の実権を持ち、当初は既成の上海映画に勝る製作ができるわけがないとして、配給事業に徹するつもりであったという。

東宝映画東京撮影所との提携製作による伏水修監督の『支那の夜』(1940年)、大村英之助芸術映画社との提携製作による石本統吉亀田利喜夫八名正監督の『珠江』(1942年)、中国聯合影業公司との合作による卜万蒼英語版監督の『木蘭従軍英語版』(1942年)が劇映画の代表作とされる。

1943年(昭和18年)5月、中国聯合影業公司等と合併して中華聯合電影公司(ちゅうかれんごうでんえいこうし)となる。

1945年(昭和20年)の終戦とともに消滅した。

現在は、同社の撮影所は、上海戯劇学院が「新実験空間」として使用している。

フィルモグラフィ(日本公開作品)[編集]

おもな経営者・社員[編集]

製作部次長劉吶鴎中国語版は文学者であったが、1940年9月3日、抗日分子に暗殺された。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]